2019 Jul 24 Wed

あえてド定番を外して選ぶ、大人が履きたい黒スニーカー3選

スニーカー物見遊山 第6回 あちこち歩き回って見物する旅、“物見遊山”。今回、未知なる理想の一足と出会うため、お店屋さんから靴工場まで、歩いて走って調査して、“スニーカー物見遊山”へ出かけました。そこで出会った知られざるスニーカーとは!? 新しい時代のスニーカー見聞録、はじまりはじまり。

大人が履きたいシンプルな黒スニーカー3選

革靴だとちょっとかしこまり過ぎるときには黒スニーカーでドレスダウンしたり、黒のスニーカーは品よくファッションをまとめてくれる大人の定番アイテム。今回は、大人が履きたい、おすすめの黒スニーカーをご紹介します。

01.PRAS
プラスのシェルキャップロー

チマラのワークジャケット ミクスタの猫Tシャツ トゥジューのイージーパンツ
チマラのワークジャケット4万3000円(ジャーナル スタンダードラックス 表参道店) ミクスタの猫Tシャツ6800円(メイデン・カンパニー) トゥジューのイージーパンツ4万9000円(トゥジュー代官山ストア)

アッパーのキャンバス地に児島帆布を使用したムーンスター製のヴァルカナイズドスニーカー。つま先の貝殻モチーフが名前の由来となった、ちょっとぽってりしたボリューム感が魅力。1万2800円(バランス岡山)

02.MHL
エムエイチエルのアーミーシューズ

\オールブラックは装いの黒子役。/

エムエイチエルのアーミーシューズ

国内生産のヴァルカナイズ製法で名高いシューズメーカー〈ムーンスター〉にスペシャルオーダー。ソールから紐までオールブラックで統一された靴は幅広い服装にマッチ。1万3000円(アングローバル)

03.ASAHI
アサヒのトレーナー016

\黒のランシューで品よくスポーティに。/

アサヒのトレーナー016
靴下屋の3本ラインクルーソックス900円(タビオ株式会社)

オールドスタイルなジョギングシューズ。1970年代当時の製法を活かし、福岡・久留米工場で一貫生産している希少なスニーカー。スエードを部分使いすることで、ススポーティながら大人っぽい印象。1万5000円(アサヒシューズコールセンター)

STUDY:白黒は碁石理論を意識しておこう

碁石のサイズ

白黒といえば囲碁。実はこの碁石、白と黒で大きさが微妙に違うんです。その差わずか0.3mm。白は膨張色として知られている通り、碁盤の上で白と黒が均等の大きさに見えるよう、工夫されたもの。

\ちなみに碁石の数は黒181個、白180個。/

囲碁の盤

碁石理論を元に、靴も装いを引き締めたければ黒を、主張したいときは白を。

●関連記事をもっと読む
白と黒、スニーカーの定番はどっち?合わせ方のコツとおすすめブランド2

特集「スニーカー物見遊山」

スニーカー物見遊山

あちこち歩き回って見物する旅、“物見遊山”。今回、未知なる理想の一足と出会うため、お店屋さんから靴工場まで、歩いて走って調査して、“スニーカー物見遊山”へ出かけました。そこで出会った知られざるスニーカーとは!? 新しい時代のスニーカー見聞録、はじまりはじまり。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年6-7月号の記事を再構成]写真/木村心保 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 礒村真介 桐田政隆 スタイリング/荻野玲子 ヘアメイク/フジワラミホコ モデル/コリュ イラスト/深川 優 撮影協力/UTUWA ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

よく読まれている記事

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ