2019 Jul 24 Wed

シンプルコーデと相性抜群!大人が履きたい白スニーカー3選

スニーカー物見遊山 第5回 あちこち歩き回って見物する旅、“物見遊山”。今回、未知なる理想の一足と出会うため、お店屋さんから靴工場まで、歩いて走って調査して、“スニーカー物見遊山”へ出かけました。そこで出会った知られざるスニーカーとは!? 新しい時代のスニーカー見聞録、はじまりはじまり。

大人が履きたい白スニーカー3選

上半身が白の日は白スニーカー日和。シンプルな装いには白スニーカーで足元にボリューム感を持たせるとバランスがよくなりますよ。大人が履きたいおすすめ白スニーカーをご紹介します。

01.PATRICK
パトリックのスクラップ

トゥジューのレースシャツ ウティのパンタロン パトリックのスクラップ
トゥジューのレースシャツ4万2000円(トゥジュー 代官山ストア) ウティのパンタロン2万6000円(ヤード ショールーム)

\大人の白はレザーの白。/

パトリックのスクラップ耐久性に優れたステアレザーを使用した艶やかなフォルムが特徴。シンプルなデザインながら、踵に星形のスタッズが控えめなポイントに。シュッとした細身のデザインは、パンツと好相性。1万8000円(カメイ・プロアクト)

02.NIKE SPORTSWEAR
ナイキ スポーツウェアのクラシック コルテッツ レザー

ナイキ スポーツウェアのクラシック コルテッツ レザー

ナイキ創設者の一人ビル・バウワ-マンが手がけた最初の傑作。1972年世界最速ランナーの足元を飾ったことをきっかけに人気を博した伝説のモデルは今尚熱烈なファンが多い。1万円(NIKE カスタマーサービス)

03.VEJA
ヴェジャのスリーロック

ヴェジャのスリーロック

2005年設立のエシカルなスニーカーブランド。レトロなデザインだけでなくアマゾンの天然ゴムを使用し、環境に配慮した靴作りが最大の魅力。ものづくりの背景までこだわった新しい時代のスニーカー。1万8000円(シードコーポレーション)靴下屋のロゴソックス800円(タビオ株式会社)

STUDY:
白黒は碁石理論を意識しておこう

碁石のサイズ

白黒といえば囲碁。実はこの碁石、白と黒で大きさが微妙に違うんです。その差わずか0.3mm。白は膨張色として知られている通り、碁盤の上で白と黒が均等の大きさに見えるよう、工夫されたもの。

\ちなみに碁石の数は黒181個、白180個。/

囲碁の盤

碁石理論を元に、靴も装いを引き締めたければ黒を、主張したいときは白を。

●関連記事を読む
白と黒、スニーカーの定番はどっち?合わせ方のコツとおすすめブランド2

特集「スニーカー物見遊山」

スニーカー物見遊山

あちこち歩き回って見物する旅、“物見遊山”。今回、未知なる理想の一足と出会うため、お店屋さんから靴工場まで、歩いて走って調査して、“スニーカー物見遊山”へ出かけました。そこで出会った知られざるスニーカーとは!? 新しい時代のスニーカー見聞録、はじまりはじまり。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年6-7月号の記事を再構成]写真/木村心保 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 礒村真介 桐田政隆 スタイリング/荻野玲子 ヘアメイク/フジワラミホコ モデル/コリュ イラスト/深川 優 撮影協力/ UTUWA ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

もっと読みたいあなたに

よく読まれている記事

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ