2020 Feb 25 Tue

どんな料理も映える「グレー皿」が大人気。今から始める人におすすめのプレートは?

Lala Begin ONLINE

キッチンはバック・トゥ・ザ原始時代!? 第1回(全8回)最近、グレーの皿が増殖中とのウワサ。おしゃれなカフェや一流レストランまで、白じゃなくてあえてのグレー。それってなんで?と調べたら、キテるキッチンは今、原始時代に回帰している模様!?

素材の旨味をダイレクトに感じるグレー皿が人気!

グレー皿

グレー皿人気の理由

自然界の色同士はみんな仲良し!の法則

デンマークの「ノーマ」をはじめとする、北欧料理で有名なレストランの器は、白い磁器ではなくグレー系の陶器が今、圧倒的多数。理由を推測すると、地産地消や素材の味を追求するシェフたちにとっては、器も自然に近いもの=石や木を求めているのではないか、とララビギンは分析しています。

で、「イッタラ」のドッテドグレーと「ディシィーズ」のモスグレー&フォググレー。なんだか石のように見えますよね? さらに無彩色であるグレーには、組み合わせた色を鮮やかに見せてくれる特徴も。つまり、どんな料理も、映える!ということです。手持ちの器ともほどよくブレンド可。

そう、テーブルは原始時代に回帰!が吉。まずは主菜が盛れるサイズのプレートで、その実力を実感してみて。両方ともリムに立ち上がりのあるデザインなので、汁気のある料理も盛れて便利です。

主菜にぴったり!のグレー皿1
IITTALA/イッタラ
ティーマ プレート 26cm ドッテドグレー

イッタラのティーマ プレート

1952年に発売された、デイリー食器界の代表作。2017年秋に登場した色・ドッテドグレーの深みのある複雑な色合いは、料理の色を引き立て、よりおいしそうに見せてくれます。プレートΦ26×H3.4cm。3500円(イッタラ)

主菜にぴったり!のグレー皿2
DISHES/ディシィーズ
230プレート

ディシィーズの230プレート

器作家・デザイナーとして人気を集めるイイホシユミコ氏と木村硝子店のコラボシリーズ。光沢のないマットな質感もオシャレ。白フチの額縁効果で、料理上手になった気分に! 230プレートΦ23×H3cm。3300円(木村硝子店)

特集「キッチンはバック・トゥ・ザ原始時代!?」

特集「キッチンはバック・トゥ・ザ原始時代!?」

最近、グレーの皿が増殖中とのウワサ。おしゃれなカフェや一流レストランまで、白じゃなくてあえてのグレー。それってなんで?と調べたら、キテるキッチンは今、原始時代に回帰している模様!?

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年6-7月号の記事を再構成]写真/伏見早織 武蔵俊介 文/安藤菜穂子 高田真莉絵 スタイリング/佐々木 誠 ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ