2020 Jun 01 Mon

こだわりの証。世界のブランドから探す「ヴァルカナイズ製法」のスニーカー8選

Lala Begin ONLINE

スニーカー物見遊山 第10回 あちこち歩き回って見物する旅、“物見遊山”。今回、未知なる理想の一足と出会うため、お店屋さんから靴工場まで、歩いて走って調査して、“スニーカー物見遊山”へ出かけました。そこで出会った知られざるスニーカーとは!? 新しい時代のスニーカー見聞録、はじまりはじまり。

世界のヴァルカナイズドスニーカー

じつは日本製だけじゃないんです、焼き物スニーカー(ヴァルカナイズ製法で作られたスニーカーのこと)って。

世界中から探し出した、ヴァルカナイズ製法で作られた焼き物スニーカーを披露しましょう。

●焼き物スニーカー、ヴァルカナイズ製法について詳しく!
ブームの予感!焼き物スニーカーって?
スペルガのこだわり! スニーカーの基本製法「バルカナイズ製法」とは?

ほっそり、ぽってり、ぶちゃカワ!?なスニーカーの数々は、ワードローブに思わず招き入れたくなります。

01.SPINGLE MOVE
スピングルムーヴのスニーカー
(From Japan)

スピングルムーヴのスニーカー

広島発!職人による手貼りのソールがいい感じ
約80年続く広島県府中市のシューズメーカーによる、ヨーロッパテイストの日本製スニーカー。疲れしらずのウェイブソールは、今も自社工場で職人が一足一足丁寧に手貼りしている。汚れにくい撥水性のあるキャンバス。1万3000円(スピングルカンパニー)

02.NOVESTA
ノヴェスタのスターマスタークラシック59
(From Slovakia)

ノヴェスタのスターマスタークラシック59

旧チェコスロバキア発の国民的スニーカーブランド
軍用やワーク用の型を使ったモデルは、1939年の創業当時からの代表作。キャンバス製のほんわかした形には、ヴァルカナイズ製法ならではの耐久性をしっかり兼ね備えている。9250円(クラインシュタイン)

03.ARMEN
アーメンのキャンバススニーカー
(From France)

アーメンのキャンバススニーカー

フランスで創業したワークウェアファクトリー
1948年にフランスで創業したワークウェアファクトリーの一足は、ありそうでないオール白。見た目はオーセンティックなキャンバススニーカーだけど、広めの足幅とクッション性のあるインソールのおかげで履き心地も大満足。7000円(ビューカリック&フロリック)

04.PRAS
プラスのローカットスニーカー
(From Japan)

プラスのローカットスニーカー

福岡発!メイド・イン・ジャパンの掘り出し物
高品質で知られる岡山の児島帆布をアッパーに使用し、ヴァルカナイズドスニーカーの聖地・福岡の久留米で丁寧に作るメイド・イン・ジャパンの掘り出し物。シェルキャップとよばれる、貝殻モチーフのトゥにもぐっとくる。1万2800円(バランス岡山)

05.DOEK
ドウックのオックスフォード
(From Japan)

ドウックのオックスフォード

140年続く老舗が作る郷土愛あふれる一足
久留米で140年続く履き物メーカーが、久留米絣の織機で織ったキャンバスで作る、郷土愛あふれるヴァルカナイズドスニーカー。洗練のテニスシューズ顔や蒸れにくいコルクのフットベッドなど、いけてるデザインも特筆ポイント。1万2000円(GOOD WEAVER)

06.ZDA
ゼットディーエーのクライマースニーカー
(From Slovakia)

ゼットディーエーのクライマースニーカー

アスリートも愛用したZDA
旧チェコスロバキアで1950~1980年代に生産され、アスリートも愛用したZDA。その登山用モデルは、ヴァルカナイズ製法によるクライマーソールが耐久性&グリップ力に優れ、地面を掴んで滑りにくい。シックなアースカラーもツボ。1万3800円(アイ ファウンド)

07.WAKOUWA
ワクワのデッキシューズ
(From France)

ワクワのデッキシューズ

デッキシューズから着想したオリジナル
米軍で支給されていた1944年製のデッキシューズから着想したオリジナル。土踏まずが足裏を固定し、つま先の捨て寸が快適な歩行をサポート。アッパーの表地と裏地は生地のオンスを変えてフィット感をアップしている。1万7800円(アナトミカ 東京)

08.ASAHI
アサヒのデッキシューズL011
(From Japan)

アサヒのデッキシューズL011

美しいシェイプが自慢の日本製スニーカー
70年代のアメリカ製デッキシューズを彷彿とさせる美しいシェイプが自慢の日本製。主に白、黒、グレーをベースにしたカラバリもコーデしやすい。なかでも自社工場の床色からイメージした雲の色みたいなグレーがすてき。1万円(アサヒシューズ コールセンター)

特集「スニーカー物見遊山」

スニーカー物見遊山

あちこち歩き回って見物する旅、“物見遊山”。今回、未知なる理想の一足と出会うため、お店屋さんから靴工場まで、歩いて走って調査して、“スニーカー物見遊山”へ出かけました。そこで出会った知られざるスニーカーとは!? 新しい時代のスニーカー見聞録、はじまりはじまり。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年6-7月号の記事を再構成]写真/木村心保 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 礒村真介 桐田政隆 スタイリング/荻野玲子 ヘアメイク/フジワラミホコ モデル/コリュ イラスト/深川 優 撮影協力/UTUWA ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ