2020 Jun 06 Sat

メルカドバッグはメイン使い者多数!人気急上昇は美術館系!? サブバッグの流行調べ

Lala Begin ONLINE

バッグの考現学 第14回 ファッションに世相が反映するように、バッグの流行を観察したら、いろいろなことが見えてきました。なぜ人々はこのバッグを選ぶのか、こう持つのか? バッグを通して世相を読む。ちょっと風変わりなバッグ特集をお楽しみください。

路傍で採集したサブバッグの流行調べ

レジ袋削減によって誕生したエコバッグ。今や買い物袋としての役割を超え、装いに欠かせないアイテムとして進化し、サブがメインへと昇華。

そんなトートの沿革を思い返すと、時代によってトレンドが! “グローサリー系”から、最近じわじわ増えているのが“美術館系”。シンプルコーデに個性が加わる印象的なデザインが魅力のよう。

このメルカドバッグもそのひとつ。元々はメキシコのおばちゃんが買い物に使うバッグでしたが、去年あたりからメイン使いする人が急上昇。ポスト平成のトレンドはいかに!?

メキシコのショッピングバッグがメインバッグに昇格!?

ユニバーサルプロダクツのフレンチシャツ1万8000円(ワンエルディーケー) ティッカのデニムスカート2万4000円(ティッカ) コンバースのハイカットスニーカー6500円(コンバースインフォメー ションセンター)

Letra
レトラのメルカドバッグ
メキシコの職人によって、1つ1つ手作りされたカゴバッグ。色の組み合わせと編み方によって、デザインのバリエーションが豊富。自立式で、マチが広く荷物が沢山入るというハイスペックさ。W33×H31×D13㎝。6800円(レトラ)

これがメキシコのメルカドバッグ!

サブバッグのトレンド傾向
“美術館系”がじわじわ人気

【グローサリー系】おしゃれショッパー代表といえば〈ディーン&デルーカ〉。ハワイ店限定アイテムは争奪戦という噂も。

\ほかにもいろいろ!/

※すべて編集部私物

特集「バッグの考現学」

ファッションに世相が反映するように、バッグの流行を観察したら、いろいろなことが見えてきました。なぜ人々はこのバッグを選ぶのか、こう持つのか? バッグを通して世相を読む。ちょっと風変わりなバッグ特集をお楽しみください。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年4-5月号の記事を再構成]写真/伏見早織 久保田彩子 文/仁田ときこ 礒村真介 スタイリング/荻野玲子 ヘアメイク/村上 綾 モデル/満島みなみ イラスト/大川久志 ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ