2023 Jun 09 Fri

半世紀以上愛され続ける東京のランドマーク【東京タワー】の魅力とは?

塩谷歩波の建築ノート 設計事務所出身の絵描き・塩谷歩波が、著名な建築を図解する。連載一覧はこちら

今回は、1958年につくられた東京タワー。半世紀以上愛され続けてきた東京のランドマークを描きます。

東京タワー

東京タワー

東京タワー(東京・港区)

住所:東京都港区芝公園4-2-8
電話:03-3433-5111

営業時間:メインデッキ 9:00~22:30 トップデッキツアー 9:00~22:15

定休日:無休

https://www.tokyotower.co.jp/

⾼さ150mまで続く約600段のオープンエア外階段を昇れます! 健康的かつ開放的な「オープンエア外階段ウォーク」、ぜひチャレンジしに行ってみて。

HONAMI ENYA

設計事務所、高円寺の銭湯・小杉湯勤務を経て、絵描きとして活動。著作に建築図法“アイソメトリック”と透明水彩で銭湯を描いた『銭湯図解』(中央公論新社)、エッセイ集『湯あがりみたいに、ホッとして』(双葉社)。

 

◎塩谷歩波の本連載のイラストが、2023年のカレンダー、ポストカード、ステッカーになって登場

全国のファミリーマート店内マルチコピー機「famimaPRINT(ファミマプリント)」で購入可能です。※一部店舗を除く

>>詳細はこちら

連載「塩谷歩波の建築ノート」

塩谷歩波の建築ノート

設計事務所出身の絵描き・塩谷歩波が、著名な建築を図解する。

連載目次へ

LaLa Begin 2023年 2-3月号の記事を再構成] ※掲載内容は発行時点の情報です

Share

  1. 1
Lala Begin ONLINE

Pick up

よく読まれている記事

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ