2022 Aug 19 Fri

春色シャツ×デニムコーデが新鮮に!最近気になるアウター「アノラック」

この春ほしいもの「はしご服」BEST10 第8回 春うららほろ酔い気分ではしご服。一つ手に入れたら、あれもこれも欲しくなる。ほろ酔いでそぞろ歩きするみたいに、はしご酒ならぬ、はしご服。気ままにお買い物を楽しんじゃうのもありなんじゃない?

最近気になるアノラック

デニムに白シャツってじつは最高難度の組み合わせ。どシンプルすぎて、隠したいアラが白日のもとにさらされてしまうからなんですが、シャツを色ものに替えるだけで色が視線を惹きつけるので、ハードルは格段に低くなります。というわけで、春っぽいカラフルなシャツ
を集めてみました。

こうしたシャツにいつもならブレザーを合わせるところだけど、衿付きのトップスが二枚重なると制服みたいで堅苦しい。そこで今季おすすめなのがアノラックです。

衿の代わりにフードが付いているアノラックは、頭からすっぽり被るだけでカラーシャツにカジュアルな印象と抜け感を漂わせてくれる便利なコです。

LENO/ローズピンクのシャツは、すっきり見えるルーズフィットが秀逸。滑らかなコットンもやみつき。2万円(グッドスタンディング)

右(紺色)・TRADITIONAL WEATHERWEAR
透湿・防水・防風性に優れたレインコート代わりになるアノラック。4万3000円(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)

左(ラックの奥)・HELLY HANSEN
ストレッチが効いてツッパリ感なし。洗濯を繰り返しても撥水性が続くところもうれしい。1万6000円(ヘリーハンセン 原宿店)

左(ラックの手前)・SCYE
レトロなハイキングスモックに見えて、じつは撥水・伸縮・防シワ性に優れた高機能。4万4000円(マスターピースショールーム)

特集「この春ほしいもの はしご服 BEST10」

一つ手に入れたら、あれもこれも欲しくなる。暖かい陽気に誘われて物欲が走り出す春は、ほろ酔いでそぞろ歩きするみたいに、はしご酒ならぬ、はしご服。気ままにお買い物を楽しんじゃうのもありなんじゃない?

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年4-5月号の記事を再構成]写真/三宮幹史 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 桐田政隆 丸山亜紀 児玉志穂 渡辺 愛 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/ HACHI モデル/立花恵理(ViVi専属モデル) イラスト/藤井友子

Share

関連特集・連載

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ