2022 Dec 01 Thu
DGS DAN-TEN

カラーアイテム初心者さんにも◎!【定番アウター+色小物】で速攻イメチェン⁉

おしゃれは「色」が決め手 PLAY COLORS アウターを羽織る時期は、気が付けば全身地味色コーデになりがち。そんな冬こそ「色」のパワーを借りて、気分を上げて過ごすのが吉。ベーシックな服装に上手に色を取り入れる技をご用意しました。視界からパワーチャージができるカラフルな雑貨も、選りすぐってお届け。色を味方につけて、とびっきりハッピーな冬を過ごすとしましょう。連載一覧はこちら

定番アウターに色を差してみる

差し色
ヤンマッケンハウアーのコート7万7000円(メイデン・カンパニー) サキュウのパンツ1万9800円(サキュウ ルームストア) アー・ペー・セーのスニーカー4万700円(アー・ペー・セー カスタマーサービス) オリジナルチャコールのソックス1760円(チャコール トウキョー)

色を取り入れるのは、アウターだと難易度が高く、大きな買いものになるだけにギャンブル要素も強くなりがち。その点、小物なら挑戦しやすくて、何年も長く着ることを見越して購入したベーシックアウターも、手軽に速攻でイメチェンできます。

おすすめは、この記事にあるようなパキッと明るいトレンドカラーの色小物。 クール系かほんわか系という、色の仲間同士でまとめるのがコツですよ。

カラーアイテムと過ごす秋冬のBGMに

Laura day romance 鈴木 迅さんによるプレイリスト連載。今回は特集に出てくる色から連想したBGMをご用意しました! 下のURLからアクセスして、ぜひカラフルな記事と共にお楽しみください。

カラーアイテムと過ごす秋冬のプレイリストはこちら>>

BABY MOH
ベイビーモーのフリンジマフラー

ベイビーモーのフリンジマフラー

繊細な肌触りのキッドモヘアを使用していて、他に類を見ないほどふわふわの触り心地♡ 発色のいいグリーンはネイビーコートにこなれ感を演出してくれます。1万6500円(ビショップ)

Champion
チャンピオンのトートバッグ

チャンピオンのトートバッグ

「ヘビーデューティー」をテーマに、厚手キャンバスで作ったアウトドアテイスト溢れるトート。鮮やかなレッドと相性抜群。7150円(チャンピオン ブランドハウス シブヤ トウキョウ)

Studio Nicholson
スタジオ ニコルソンの9GGメリノリブフード

ミリタリーコートにはオレンジフードが好相性
ミリタリーコートにはオレンジフードが好相性
スタジオ ニコルソンのリブフード2万4200円(インコントロ) シオタのM-65 9万9000円(シオタ) バズリクソンズの別注ハーフジップスウェット1万5180円(ビショップ) ヘルスニットのTシャツ6380円(ヘルスニット・ブランズ) フィーニーのフリースパンツ2万9700円(フィーニー) ニューバランスのスニーカー1万1990円(ニューバランスジャパンお客様相談室) ロトトのソックス2420円(ロトトショールーム) シリーズオブチョイスのロゴトート3500円(シリーズオブチョイス)
かぶれば耳まですっぽりあたたか

スタジオ ニコルソンの9GGメリノリブフード

頭からかぶったり、フード感覚で垂らしたりもできるバラクラバは今季注目の防寒グッズ。鮮やかな朱色は、冬コーデのワンポイントに! 2万4200円(インコントロ)

色使いの心得

遭難時に目立つオレンジを裏地に用いることが多いミリタリーウェア。ここでは朱色のバラクラバを、そんなレスキューオレンジに見立てて、カーキのアウターにプラス。ニット帽のバラクラバは着膨れせず楽しめるのもいい。

LENO
リノのチャンキーニットスカーフ

ネイビーダッフルにはピスタチオカラーをオン
ピスタチオカラーをオン
ビームス ボーイのダッフルコート3万2780円(ビームス ボーイ 原宿) ザ・ノース・フェイス パープルレーベルのチェックシャツ1万9800円(ナナミカ マウンテン) サキュウのオーバーオール2万8600円(サキュウルームストア) カチムの靴5万8300円(カチム) エポイのがま口ポシェット4万7300円(エポイ本店)

甘撚りのウール糸を編み上げたふわもこマフラーは、ほっとするやわらかさとあったかさ。動きに合わせて揺れる長めのフリンジも楽しい。34×260cm 2万4200円(グッドスタンディング)

色使いの心得

黒に近い濃紺のダッフルコート以外はブラウン系。こんなコーデには寒色と暖色、どっちの小物も似合うもの。そこで中間色のピスタチオグリーンのマフラーを無造作にぐるり。たっぷりしたボリュームも、冬小物ならでは。

TEMBEA
テンベアのシングルトート

ベージュステンカラーにはほんのりピンクをプラス
ほんのりピンクをプラス
ナナミカのバルマカンコート12万1000円(ナナミカ D.W.S.) メヤメのカーディガン3万1900円(ソークロニクル) ラッピンノットのリブタートル1万6500円(UTS PR)シオタのテーパードデニム2万7500円(シオタ) コンバースのスニーカー8250円(コンバースインフォメーションセンター)オリジナル チャコールのソックス1760円(チャコール トーキョー) アヤメの眼鏡4万9500円(アヤメ)

脇に収まる小ぶりサイズの人気トートは美しいピンクスエードにも気分が上がる。裏地やポケットがない軽量仕立てで手放せない。W24×H33×D10cm 2万3100円(テンベア トウキョウ)

色使いの心得

ベージュコートに合わせたのは、茶のカーディガンやスニーカー。こんなブラウンコーデには暖色小物が合うというセオリーに基づき、ピンクトートをプラス。頬にチークを入れたように、さりげなくもグンと華やいだ印象に。

THE SHINZONE
ザ シンゾーンのカシミヤグローブ

黒ブルゾンにはブルー手袋を相棒に
ブルー手袋を相棒に
バブアーのジャケット5万3900円(バブアー パートナーズ ジャパン) エムエイチエル.のニットベスト4万2900円、同ソックス3300円(以上エムエイチエル.) バンブーシュートのタートル1万5400円(バンブーシュート) チャンピオン ブラック エディションのスカート1万4080円(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ブランドストーンのブーツ2万8600円(シードコーポレーション) プティローブノアーのピアス1万6500円(プティローブノアー) ヌンクのバックパック1万8700円(UTS PR)

ブルーの発色が上品なカシミヤグローブは、暗くて寂しくなりがちな冬コーデにメリハリをくれる。あったかくてムレにくいところもこの素材のよさ。9680円(シンゾーン ルミネ新宿店)

色使いの心得

バブアーのオイルドジャケットを主役にした、黒づくしのモノトーンコーデ。ここへ暖色を加えると、甘辛風味が強調されて過剰にかわいくなりがち。寒色のブルーをカシミヤグローブで利かせて、クールなままでまとめよう。

色使いのコツを服や雑貨のプロにリサーチしました!

「モノトーンベースに、ピンク、ブルー、グリーンなどのパキッとした色の小物で差し色を挟むのが、今年の冬、気になるコーデです」(グーニーPR 武田佳織さん)

おしゃれは「色」が決め手 PLAY COLORS

カラーアイテム

アウターを羽織る時期は、気が付けば全身地味色コーデになりがち。そんな冬こそ「色」のパワーを借りて、気分を上げて過ごすのが吉。ベーシックな服装に上手に色を取り入れる技をご用意しました。視界からパワーチャージができるカラフルな雑貨も、選りすぐってお届け。色を味方につけて、とびっきりハッピーな冬を過ごすとしましょう。

連載目次へ

[LaLa Begin 2022-23年 12-1月号の記事を再構成]写真/小野田陽一 武蔵俊介 文/間中美希子 渡辺 愛 妹尾龍都 石橋果奈 スタイリング/小林 希 ヘアメイク/山崎 桂 モデル/美衣 ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ