2022 Dec 07 Wed
DGS DAN-TEN

ニットの毛玉がみるみる取れる! 服にもやさしい【毛玉取りブラシ】でお手入れラクチン♪

マジカルファクトリーツアー 服や時計、靴などのアイテムがどうやって作られているのか調査するべく、編集部員が生産現場へレッツゴー!連載一覧はこちら

ニット・コートの季節が到来。お手入れは万全ですか? 毛玉できてないですか? 今回は、服にやさしいお手入れができる毛玉取りブラシができるまでを見に行ってきました!

編集部ヤザキ

私が行ってきました!

編集部 ヤザキ
今季、調子に乗ってニットを3着も購入。長く付き合いたいので、毛玉取りブラシで丁寧にケアすることを誓います。

冬が大好きです。だって、ニットもコートも着られますから。お手入れは少々難しいけれど。特に、毛玉ができちゃったとき、電動の毛玉取りで刈り取るとなんだか生地が薄くなっているような……。

そんなある日、編集長のすすめでアートブラシの毛玉取りを知りました。

アートブラシ

どうやらこちら、生地が薄くならないらしい。どうして?と疑問だらけだったので、浅草まで突撃。

接着剤不使用で植え付けられています

接着剤不使用
ドイツ製の専用の機械で土台に穴をあけると同時に一方では、高速で毛が植えられます。なんと接着剤は不使用。ブラシの毛がどうやって植え付けられているのか、詳しくは下で。

まず、毛玉取りブラシには、猪毛が使われていて、一束ずつ機械が高速で植え付けていることが判明。

機械ではこんなことが行われている
植え付け
毛束から1束分が取られ、針金でまとめられます。針金を中心にV字に折り畳まれた毛束が土台の穴に打ち込まれると、針金と毛束の外に開く力だけでしっかりブラシに固定されます。
毛を植える前はしゃもじみたい!

毛を植える前はしゃもじみたい

いいブラシは「毛ごしらえ」から
毛束
動物から刈り取ったままの毛をばらしてシャッフル。毛先のやわらかい面と根元の硬い面をランダムにまとめます。この作業を毛ごしらえといい、全て手作業。毛玉取りブラシは猪毛ですが、ブラシによっては馬・豚・ヤギなどの毛も使われます。

毛が植え付けられたブラシは手作業で毛足を刈り揃えるのですが、この時に毛先に特許取得の特殊加工を施していて、どうやらここがキーポイント。特許技術なので、詳しくは言えないけれど簡単に説明すると、毛先をT字型にしているんだそう。

バリカンで毛足を揃えます
バリカンで毛足を揃えます
バリカンの刃にブラシを滑らせて、少しずつ毛足を揃えると、スパッとまっすぐ綺麗に。
焼き印を入れて完成
焼き印を入れて完成
ブラシの持ち手に焼き印が入り、ブラシに命が吹き込まれる瞬間。焼き印はブラシの種類によって異なります。

社長の大内さん曰く、「毛玉だけが引っかかって、絡まっていない繊維はすり抜けていくんですよ」とのこと。

実際に使ってみた
実際に使ってみた
変に力を入れることなく、何回かブラシがけするだけでみるみるうちに毛玉が取れ、綺麗に。余計な繊維は取らないので、毛玉を取り終わったあとの繊維のくずが少ないことにも驚きました。

電動毛玉取りだと、毛玉になっていない繊維まで刈り取ってしまう。だから生地が薄くなっていくけれど、これはブラシだからこそ成せる技と言えるでしょう。

業務用から「匠」に至るまで
業務用から「匠」に至るまで
一番右は業務用で使いこなすのは至難の業。少しずつ一般のお客様に使いやすい仕様に調節していき、現在の形に。

もともと、業務用の毛玉取りに、一般の人が使っても洋服へのダメージが少なく、簡単に毛玉が取れるように改良を重ねて、この形に。

そうした工程を経て完成したブラシはこちら!

アートブラシのかんたん毛玉取りブラシ「匠」

アートブラシの かんたん毛玉取りブラシ「匠」
長さ21.5cm 5500円(アートブラシ)

「かんたん毛玉取りブラシ」をさらにバージョンアップ。先端を2列にすることで、頑固な毛玉も素早く取れるのに、生地は傷めません。

丁寧に作っているからこそ、品質は申し分なく、買い替え時は「失くした時」。まさに一生モノの毛玉取りブラシに出会えました。

アートブラシ

アートブラシ

住所:東京都台東区浅草7-5-4
TEL:03-5603-6551
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

大内達雄さん
 

有限会社アートブラシ 社長
大内達雄さん

100年以上前に初代がここ浅草で刷毛づくりを始めました。徐々にブラシ文化が広まったことで、ブラシの生産がメインになり、今に至ります。洋服・靴ブラシから掃除用ブラシまで数えきれない種類のブラシを作り続けています。

連載「マジカルファクトリーツアー」

マジカルファクトリーツアー

大好きなモノのことをもっと知りたい。服や時計、靴などのアイテムがどうやって作られているのか調査するべく、編集部員が生産現場へレッツゴー!ここでしか知れないレアな情報満載でお届けします。

連載目次へ

[LaLa Begin 2022-23年 12-1月号の記事を再構成]写真/久保田彩子 ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ