2022 Dec 01 Thu
DGS DAN-TEN

秋冬メイクの新提案。軽やかなブルーをポイント使いしてみよう

今号のメイクルームから 撮影の現場から、気になる“あの”メイクを解説! 連載一覧はこちら

秋冬のコーディネートは色も素材感も重たくなりがち。ならば、メイクは軽やかで洗練された印象に仕上げましょう。

秋冬コーデにブルーをポイント使いしてみよう
ロッキーマウンテン フェザーベッドのダウンベスト5万9400円(アール 柳橋) ザ シンゾーンのシャツドレス2万8600円(シンゾーン ルミネ新宿店)

ブルーのネイルとマスカラは、ダウンを都会的に見せてくれますし、デニムのインディゴとは言わずもがなの相性抜群です。寒々しく見せない秘密は、ブラウンのような温かみをほんのり感じさせる、自然な血色感のリップ。顔全体の温度感を調和させてくれているんです。

秋冬のメイクといえば、暖色・ブラウン一辺倒だったという人に、ぜひ一度試してほしい、この秋の適温メイクです。

THREE
スリーのネイルポリッシュ133

スリーのネイルポリッシュ133

ほんのり青みネイルで コーディネートを軽やかに。1980円(スリー)

FASIO
ファシオのパーマネントカール マスカラ ハイブリッド(ロング)101

ファシオのパーマネントカール マスカラ ハイブリッド

くすみブルーで 洗練された 眼差しを演出。1430円 ※編集部調べ(コーセー) 

LAURA MERCIER
ローラ メルシエのペタル ソフト リップスティック クレヨン 382

ローラ メルシエのペタル ソフト リップスティック クレヨン 382

自然な血色感で 温かみを加える プラムレッド。3300円 (ローラ メルシエ ジャパン)

今回のヘアメイクさんは…

村上 綾さん

村上 綾さん

「アルビオン」に入社後、ヘアメイクアシスタントを経て2010年に独立。現在、雑誌や広告、女優やアーティストなどのヘアメイクを中心に幅広く活躍中。

連載「今号のメイクルームから」

今号のメイクルームから

撮影の現場から、気になる“あの”メイクを解説!

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 10-11月号の記事を再構成]写真/竹内一将 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/村上 綾 モデル/MAYA ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ