2020 Sep 28 Mon

バッグの考現学。流行中の巾着バッグは江戸時代の「腰巾着スタイル」への回帰だった!?

Lala Begin ONLINE

江戸時代から現代へ〝腰巾着スタイル〞の回帰

すますキャッシュレス化が進む現代、手荷物といえば、もはやスマホやスイカぐらい?

よもやこんなスマートな時代が訪れるとは……と感慨深く思ったものの、江戸時代は小銭や火打ち石など巾着に入れ、腰にぶら下げるのが主流だったとか。

そんな小話を聞いて、巾着がショルダー化するバッグの流行を目の当たりにすると、おぉ、実は原点回帰!?と膝を打つ次第。

といっても江戸のボーイの話ですが。

身軽な装いこそ粋だった江戸時代。飽食の時代に生きながらもミニマムな暮らしに憧れる人が増える現代。やっぱり日本人の粋な心は変わらないのかも。

KELTY
ケルティの巾着ショルダーM

通常のナイロン素材よりも優れた強度を誇るコーデュラナイロンを使用し、汚れや水にも抜群の強さを発揮。ストラップ付きで長さ調整もラクラク。マチが広いので見た目以上の大容量。W20×H23×D7㎝。3200円(アリガインターナショナル)

【江戸時代の必需品】

江戸っ子は鹿皮の巾着に小銭や火打ち石、薬を入れて持ち歩き、携帯用煙管も腰に携えていたとか。「腰巾着」の由来にもなっています。

【現代人の必需品】

スマホ、クレジットカード、リップ。これさえあれば都市生活に不便しないけれど、電気使用が前提なので停電すると使えない危うさも。

特集「バッグの考現学」

ファッションに世相が反映するように、バッグの流行を観察したら、いろいろなことが見えてきました。なぜ人々はこのバッグを選ぶのか、こう持つのか? バッグを通して世相を読む。ちょっと風変わりなバッグ特集をお楽しみください。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2019年4-5月号の記事を再構成]写真/伏見早織 久保田彩子 文/仁田ときこ 礒村真介 スタイリング/荻野玲子 ヘアメイク/村上 綾 モデル/満島みなみ イラスト/大川久志

Share

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ