2022 Sep 30 Fri

【#桐生服さんぽ】まるで“買い物ができる美術館”。<BELLÙRIA 別邸 日美日美>で、人生の記憶に残るひとときを

全国名店 服さんぽ 今度この街に行くから……ってインスタグラムで探してみても、好みにぴったりのお店って意外と見つからない。そこでリサーチにリサーチを重ねて、ベーシック・カジュアル・ユニセックスなアイテムを扱うおすすめの名店を日本全国からどどん、とピックアップ!SNSで話題の服好きさんにも案内してもらい、服屋と周辺のカフェや雑貨店、全51店をめぐる散策を「服さんぽ」と名づけてみました。次の週末は、ちょっと足を延ばしてみない?

群馬県・桐生駅から、車を走らせること15分。 今からおよそ400年前に建てられたという、蔵や町屋などの歴史的建造物が残る地区の一角に、そのお店はありました。

BELLÙRIA 20周年を機にオープンした“日美日美”

BELLÙRIA 別邸 日美日美

BELLÙRIA 別邸 日美日美。高崎、桐生、鎌倉と、3店舗を構えるセレクトショップ・ベルーリアが、20周年を機にオープンした特別なお店です。オーナーの山越 弘世さん・ともえさんご夫妻と、プレスを担当しているRisaさんに話を聞きました。

建物との運命的な出会いが、オープンの決め手に

―お店をオープンされたきっかけを教えてください。

「20周年の節目に、何かしらの催しを考えていました。そんな時、ふと通りがかったのがこちらの建物。地元にこんなに雰囲気のある建物があったのか、と驚き、縁もあってお店をオープンすることに。このお店は、桐生でやりたかったことがすべて詰まったお店です」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

―歴史的建造物が多い桐生ですが、こちらの建物も、有形文化財に指定されているんですね。

「そうなんです。100年以上前に建てられた建物で、文化財に指定されているがゆえ、じつは内装を整えるのもなかなか大変な作業で。申請に時間がかかりましたが、この建物ならベルーリアがかねてより提案していきたいと思っている、“良いものは残り、ヴィンテージになっていく”という価値観が体現できると思いました。」

こだわり抜かれた什器は、建物と同年代のビンテージで統一

BELLÙRIA 別邸 日美日美

「照明や棚、スイッチ、コンセントに至るまで、備品もなるべく建物が建てられたのと近い時代のものを採用しています。これまで様々な場所を旅してきた中で少しずつ集めてきたヴィンテージが、やっと日の目を浴びて。この空間で、これまでの点が線になったなあと」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

―その統一感があるからか、室内全体にどこか凛としたような、特別感のある空気が流れています。取り扱っている商品に、他店との違いはあるのでしょうか。

「基本的に、ここでしか買えない特別感にこだわりたくて。ベルーリアの定番の市松のアクセサリーも1点ものばかりです。」

ここにしかない、一生ものとの出会いを提供

BELLÙRIA 別邸 日美日美

―市松のアクセサリーは型を使わずに、職人の手仕事でひとつひとつ丁寧に打ち上げるんですよね。一点ものということは、当然サイズも限られるんでしょうか。

「そうですね。デザインが気に入っても、サイズが合わない……と肩を落とされる方もいらっしゃいました。でも逆に、一点ものなのにデザインもサイズも自分にしっくりハマったら、それって運命的ですよね。そんな一品と出会えたら、人生でずっと大事にできるお守りのようなものになると思うんです。それがこの形で展開している理由です」

―まさに一生もの。この素敵なお店で出会った、ということ自体も、思い入れが強くなりそうです。その他の取り扱いアイテムについても教えてください。

「がま口が定番のN25は厳選した上質な革、熟練の口金職人による口金など、納得できる素材だけを用いて、職人がひと針ひと針丁寧に仕上げるブランドです。日美日美では 定番の形・素材以外のものも仕入れています。」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

「その他に取り扱っている、眼鏡や時計などもヴィンテージのもの。」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

BELLÙRIA 別邸 日美日美

変わらないことを大事にしているブランドに惹かれる

「アパレルは、“ずっと同じものを提案しているブランド”を置いています。流行に合わせて変わるって簡単なことだけど、ヤエカやコモリなど、ここに並ぶブランドはその中でずっと変わらないものを作っている。そんな姿勢に惹かれています」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

―アイテムの陳列も美しく、まるでひとつひとつが美術品のようですね。

「それぞれの商品が一番美しく見える内装にこだわっているんです。イメージはギャラリーで。クーラーの位置ひとつとっても、自分たちが納得できる位置まで何度か付け替えて調整しました」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

―今後いらっしゃる方には、このお店でどのように過ごしてほしいですか?

「このお店にあるものはヴィンテージになっていく名品ばかり。来ていただいた皆さまに一期一会の出会いをもたらせたら、と思います。ありがたいことに遠方の方も多くいらっしゃるので、桐生という街自体も楽しんで頂きたいです」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

“きっかけ”をもたらすイベントも開催予定

「それと、日美日美だけに限らずですが、『人にきっかけをもたらせる場』でありたいという思いから、イベントも予定しています」

■7月29日(金)~8月7日(日)

BELLÙRIA日美日美の斜向かいにある築100年の古民家“四辻の齋嘉(よつじのさいか)”にて伝統産業と今の暮らしをつなぐ“エフスタイルの仕事展3”を開催。料理家kiyoko tamuraさんによるお菓子や、wabisabiyaによる和素材と季節のジェラートも提供します。

さらに、8月6日(土)の夕刻にはエフスタイルと親交が深い、ギター演奏を中心に音楽を続ける青木隼人氏の演奏会もあるのだそう。(要予約)

ちなみに、同時期には会場内にBELLÙRIA×IGUSALONe協業の“藺草茶寮”もオープン予定です。@igusa.saryo

空間には天然のイグサをふんだんに使用した、日本初9種類のイグサフレーバーを用意。お茶と茶葉を販売します。

■9月23日~10月10日

“出西窯と山陰の民藝展”を開催。こちらも“四辻の齋嘉(よつじのさいか)”で行います。

四辻の齋嘉(よつじのさいか)は織物の迎賓館としても使われた日本家屋。こちらも趣のある建物なので、色々な人に出会いに来ていただきたいです」

BELLÙRIA 別邸 日美日美

―お話しを聞いている最中にふと雲の切れ目から差し込む美しい光、静かに時を刻む年代物の時計。自分の人生にとって大事な「一期一会」と出会えるであろうBELLÙRIA 別邸 日美日美へ、そしてイベントにもぜひ、足を運んでみては。

BELLÙRIA 別邸 日美日美

BELLÙRIA 別邸 日美日美

住所:群馬県桐生市東久方町1-1-55
営業時間:12時〜18時

定休日:不定休

※営業日は限られているので、ご来店の前に必ずご確認ください。

公式サイト: http://belluria.net/belluria-himi/

Instagram:@belluria

全国名店 服さんぽ

今度この街に行くから……ってインスタグラムで探してみても、好みにぴったりのお店って意外と見つからない。そこで、ベーシック・カジュアル・ユニセックスなアイテムを扱うおすすめの名店を日本全国からピックアップ!SNSで話題の服好きさんにも案内してもらい、服屋と周辺のカフェや雑貨店、全51店をめぐる散策を「服さんぽ」と名づけてみました。次の週末は、ちょっと足を延ばしてみない?

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 8-9月号の記事を再構成]撮影/伏見早織 ※掲載内容は配信時点の情報です。店舗の最新情報については各店舗のHP、SNS等の公式情報からご確認ください。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ