2022 Dec 07 Wed
DGS DAN-TEN

ビッグヤンク、ペイデイなど、大人の服好きなら持っておきたい老舗ブランドの【ワークシャツ】4選

シャツのトリセツ 第11回 こちらの取扱説明書を手に取っていただき、ありがとうございます。本書では、ベーシックだけど意外と敬遠されがちなアイテム「シャツ」と、ボーイな女の上手な付き合い方をまとめてみました。よくお読みになったあとも、大切に保管してください。連載一覧はこちら

今の“着たい”に応えるワークシャツ4選

シャツとの付き合いやすさがわかったら、さらに二人の距離をグッと縮める仲人役に推薦したいのが、ワークの名品シャツ。シャツ特有の堅苦しい雰囲気もカジュアルに中和してくれますし、デザインにもルーツがあるから、ボーイな女のよき相棒になってくれるはず。

普段何気なく取り入れているワークだからこそ、その魅力にどっぷり浸って、直球コーデにトライするのもまた一興です。

ワークシャツの一丁目一番地

アナトミカ バイ ビッグヤンクのシャンブレーシャツ
ザ シンゾーンのTシャツ6380円(シンゾーン ルミネ新宿店) シオタのパンツ2万9700円(シオタ トウキョウ) ビューティフル・シューズのローファー4万9500円(ギャラリー・オブ・オーセンティック) パラブーツのソックス1760円(パラブーツ青山店) ターイのネックレス4400円(ララビギン ドライグッズ ストア) スチュードベイカーのブレスレット4万4000円(グラストンベリーショールーム)ヴィンテージのカルティエの時計28万3800円(江口時計店)

アナトミカ バイ ビッグヤンクのシャンブレーシャツ

1919年に労働者向けの衣料メーカーとして誕生した「ビッグヤンク」と「アナトミカ」による人気別注の最新作。強度を高めるためのトリプルステッチや大量生産のために簡素化された袖など、本格的なワークディテールだけでなく、シルエットもクラシックに再構成。上品なワークパンツにインしてハンサムに着こなしたい。2万7500円(アナトミカ 東京)

じつはワーク由来のミントカラー

ユニバーサルオーバーオールのワーカーズシャツ

ユニバーサルオーバーオールのワーカーズシャツ

古き良きアメリカンワークの世界観を再現。一番大きな4XLのサイズを選べば、"シャウター"にも◎。爽やかなミントカラーは、現地ワーカーの間ではおなじみの色なんだそう。9350円(ドリームワークス)

ユニバーサルオーバーオールのワーカーズシャツ

第1ボタンはスナップ式。万一の事故に備え着脱を容易にしたワーク系ならではの仕様。

ワーク伝統のストライプ

ファイブブラザーのショートスリーブ ワークシャツ

ファイブブラザーのショートスリーブ ワークシャツ

ヴィンテージ市場でも人気の、1970年代に発売されたオリジナルの衿型を採用。胸のやや下に配されたフラップ付きポケットなど、機能性を考慮したディテールにも拍手。8800円(トップウィンジャパンショールーム)

ファイブブラザーのショートスリーブ ワークシャツ

ワークではおなじみのヒッコリーストライプ。汚れが目立ちにくい柄として重宝された。

ガバッと着たいビッグシルエット

ペイデイのワークシャツ

ペイデイのワークシャツ

米国の大手デパートに商品を卸していた老舗の1枚で、ブランドが1940年代に展開していたシャンブレーシャツを忠実に復刻。身幅広めのシルエットは、女性もかわいく着こなせるパターンに。1万4300円(グーニー PR)

ペイデイのワークシャツ

アイボリー×イエローの無骨すぎないステッチ使いも、ボーイな女心をくすぐります。

シャツのトリセツ

シャツのトリセツ

こちらの取扱説明書を手に取っていただき、ありがとうございます。本書では、ベーシックだけど意外と敬遠されがちなアイテム「シャツ」と、ボーイな女の上手な付き合い方をまとめてみました。よくお読みになったあとも、大切に保管してください。

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 6-7月号の記事を再構成]写真/竹内一将 スタイリング/コダン ヘアメイク/畑江千穂 モデル/潮田あかり 文/間中美希子 妹尾龍都  ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ