2022 Aug 19 Fri

シャツコーデの装いの幅が広がる!オーバーサイズシャツを軽アウター代わりに着よう

シャツのトリセツ 第10回 こちらの取扱説明書を手に取っていただき、ありがとうございます。本書では、ベーシックだけど意外と敬遠されがちなアイテム「シャツ」と、ボーイな女の上手な付き合い方をまとめてみました。よくお読みになったあとも、大切に保管してください。連載一覧はこちら

シャウターで装いの幅を広げる

見つけてしまいました。少々かしこまり過ぎてしまうシャツの弱点を克服するニューヒーローを。その名も“シャウター”。

ゆったり羽織れるビッグシルエットのシャツで、言うなれば、シャツとアウターのいいとこ取り。上着として活躍してくれるから、ハードル高めのシャツ・オン・シャツにも挑戦できるし、知らぬ間にスタンダードなシャツとの仲も深められます。これまでシャツを敬遠していた人でもシャウターならとっつきやすいはず。新しいファッションの扉を開けて、もっとおしゃれを楽しみましょ♪

トレンチ感覚でざっくり羽織る

セロ×ララビギンのオーバーサイズコットンツイルシャツ
ブルーブルーのシャンブレーシャツ※メンズ2万2000円(ハリウッド ランチ マーケット) ビーミング by ビームスのTシャツ3630円(ビーミング ライフストア by ビームス 横浜ポルタ店) バズリクソンズ×ビームス ボーイのチノパンツ1万5180円 グレゴリー×ビームス ボーイのバックパック2万4200円(以上ビームス ボーイ 原宿) マーティンフェイジーのベルト1万5400円(グラストンベリーショールーム) ヴィンテージのカルティエの時計28万3800円(江口時計店)

セロ×ララビギンのオーバーサイズコットンツイルシャツ

1980年代のアイビーブームを支えた「セロ」はボタンダウンシャツが有名ですが、あえてワイドカラーをチョイス。アウターとして着られるよう、コシのある生地で仕立てたボディはゆったりめ。チノパンをはいてセットアップ風に♪ ベージュとカーキの全2色。1万3200円(ララビギン ドライグッズストア)

ツウなちょいワザ研究

あくまでアウター。衿重ねも臆さずトライ

セロ×ララビギンのオーバーサイズコットンツイルシャツ

小粋な衿のレイヤードもお手のもの。クルーネックスウェットの首元からTシャツをのぞかせる感覚と同じ。

袖からのぞかせてアクセントを

セロ×ララビギンのオーバーサイズコットンツイルシャツ

差し色の割合を増やして軽快な印象に。シャツ・オン・シャツだから、ラフに袖をまくってもサマになります。

SERO(セロ) LaLa Begin別注 オーバーサイズコットンツイルシャツ
1万3200円(税込) >>詳細はこちら

ゆったりシルエットで白シャツもこなれる

エルイーのシャツ
ラコステのポロシャツ1万5400円(ラコステお客様センター) ビーミング by ビームスのショーツ8470円(ビーミング ライフストア by ビームス 横浜ポルタ店) コンバースのスニーカー7700円 (コンバースインフォメーションセンター) クリードのバッグ6050円(クリード プレスルーム) ロサウのピアス2万2770円(ロジェ)

エルイーのシャツ

ユニセックス仕様でレディには少々大きめ。でもね、アウター使いにはちょうどいい塩梅なんです。洗いざらしのコットン地も自然な風合いが美しい。スポーティな装いも上品に見えます。1万7600円(レショップ)

ツウなちょいワザ研究

ポロシャツでさりげなく色合わせ

エルイーのシャツ

ボディの白に加え、ひそかにワニロゴの緑もリンク。ぱっと見ではわからないところにこだわるのも楽しい。

今どきなピンクも気になる

ネストローブのアップサイクルリノリボンドシャツ
アナトミカのワンピース3万800円(アナトミカ 東京) USEDのリーバイス5390円(原宿シカゴ 原宿店) リプロダクション オブ ファウンドのスニーカー2万5080円(ビショップ) バグマティのバッグ8580円(シップス インフォメーションセンター)ロサウのピアス2万2770円(ロジェ)

ネストローブのアップサイクルリノリボンドシャツ

元ネタはヨーロッパのお花屋さんが愛用していたヴィンテージの作業着。ワークなディテールを生かしつつ、春夏気分に寄り添う淡いピンクでレディな要素も、花丸です! 2万3100円(ネストローブ 表参道店)

ツウなちょいワザ研究

シャツワンピースとのレイヤードを楽しむ

ネストローブのアップサイクルリノリボンドシャツ

衿や袖に続き、裾もレイヤード対象。シャツワンピ1枚で完結させるより、うんとおしゃれになります。

上品に着られる大人のくすみカラー

コメンスメントのスタンドチュニックシャツ
ザ シンゾーンのカットソーカーディガン1万2100円(シンゾーン ルミネ新宿店) アナトミカのスカート4万9500円(アナトミカ 東京) パラブーツのヴェレイ6万9300円、同ソックス1760円(以上パラブーツ青山店) ナナミカのバンダナ2970円(ナナミカ D.W.S.) ブラウンブラウンのバッグ1万1000円(ブラウンブラウン トウキョウ)

コメンスメントのスタンドチュニックシャツ

クラシックな洋服とも相性のいい落ち着いた雰囲気。ゆるやかなAラインシルエットで着回し力もあり、おまけにポケットまでついている。シャウターの鏡と言える1枚です! 1万4300円(コメンスメント堀江店)

ツウなちょいワザ研究

首元のスカーフは一石二鳥!?

コメンスメントのスタンドチュニックシャツ

スカーフはおしゃれとしてはもちろん、シャツの天敵、衿汚れの防止にも効果的。夏場の着用も怖くない!

シャツのトリセツ

シャツのトリセツ

こちらの取扱説明書を手に取っていただき、ありがとうございます。本書では、ベーシックだけど意外と敬遠されがちなアイテム「シャツ」と、ボーイな女の上手な付き合い方をまとめてみました。よくお読みになったあとも、大切に保管してください。

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 6-7月号の記事を再構成]写真/竹内一将 スタイリング/コダン ヘアメイク/畑江千穂 モデル/潮田あかり 文/間中美希子 妹尾龍都  ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ