2022 Dec 10 Sat
DGS DAN-TEN

分かりにくいのが逆にイイ⁉日付や時間を確認しながらついでにアートも鑑賞しましょ♪

毎日のアートなモノ美術館 第10回 「アートとは高尚な人が好むものである」。そんな風に難しく捉える傾向が、いまだに残っていると思われます。本館では、アートなモノを毎日に取り入れ、触れ、アートを身近なものとして愉しんでいただきたいと厳選した、世界中のアーティスト作品63点を展示しました。心ゆくまでゆっくりとご鑑賞ください。連載一覧はこちら

カレンダーもアート

ギデオン・ダガンのパーペチュアルカレンダーS

ギデオン・ダガンのパーペチュアルカレンダーS

今年のカレンダー、まだ用意してない? それなら一生分の価値あるこちら。手動の可動式マグネットボールで月日を表す、日めくり感覚のアートな万年カレンダーです。φ13.7×W19.8×D4.7cm。4950円(MoMAデザインストア 表参道)

腕時計もアート

デイヴィッド・シュリグリー×NADiffのオリジナルウォッチ

デイヴィッド・シュリグリー×NADiffのオリジナルウォッチ

左は「The moment has arrived.The banana is ripe」など、奥深いメッセージとポップなイラストに元気がもらえる腕時計。ケースサイズW3.4cm。各9900円(東京都現代美術館ミュージアムショップ ナディッフ コンテンポラリィ)

掛け時計もアート

YUKIKO MORITAのNAAAAN time

YUKIKO MORITAのNAAAAN time

ネパールカレーの専門店で焼いた本物のナンを加工した、ナンとも不思議な電池式の壁掛け時計「今、ナン時」。あえて文字盤を省くことで、時間に追われがちな現代人に問題提起する一方、作家いわく「難しいこと抜きで楽しんでもらってOKな作品」だそうです(笑)。防腐・防カビ加工済み。受注制作。約30×18cm(個体差あり)8580円(パンセム)

毎日のアートなモノ美術館

毎日のアートなモノ美術館

「アートとは高尚な人が好むものである」。そんな風に難しく捉える傾向が、いまだに残っていると思われます。本館では、アートなモノを毎日に取り入れ、触れ、アートを身近なものとして愉しんでいただきたいと厳選した、世界中のアーティスト作品63点を展示しました。心ゆくまでゆっくりとご鑑賞ください。

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 2-3月号の記事を再構成]写真/武蔵俊介 文/間中美希子 スタイリング/野崎未菜美 イラスト/原 倫子  ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ