2022 Aug 19 Fri

楽しく遊びながらアート鑑賞!ポップなパズルや、おいしそうなぬいぐるみ⁉

毎日のアートなモノ美術館 第3回 「アートとは高尚な人が好むものである」。そんな風に難しく捉える傾向が、いまだに残っていると思われます。本館では、アートなモノを毎日に取り入れ、触れ、アートを身近なものとして愉しんでいただきたいと厳選した、世界中のアーティスト作品63点を展示しました。心ゆくまでゆっくりとご鑑賞ください。連載一覧はこちら

パズルもアート

アンディ・ウォーホルのミニシェイプパズル

アンディ・ウォーホルのミニシェイプパズル

バナナにスープ缶に、マリリン・モンロー! ポップアート界の巨匠を、1時間で制覇できる100ピースのお手軽ジグソーパズル。右/約W25.4×H22cm。左上/W12×H21cm。左下/W15×H20cm。各1320円(MoMAデザインストア 表参道)

アンディ・ウォーホル/Andy Warhol(1928-1987)

マリリン・モンローなどを繰り返し描いて並べた作品などで、アメリカのポップアート界の第一人者に。銀髪がトレードマーク。

ぬいぐるみもアート

松尾由貴の(右から)フライドチキン3pc Box、ステーキ肉、プレッツェル、フランクフルト

松尾由貴のぬいぐるみ

なんとすべて手作りの布製オブジェ。チキンは部位の異なる3ピース入りで、ナプキンとケチャップまで付属。初めてのアートにいかが? フライドチキン箱:W17.7×H6.4×D12.6cm。1万6500円。肉 W21.5×H3×D9cm。3万580円。プレッツェル W20×H6×D19cm。8140円。フランクフルト W3.5×H6×D19cm。5170円 (以上ニックホワイト)

松尾由貴/Matsuo Yuki

NY在住のアーティスト。架空の食料品店「ユキ&ドーターズ」の名で、食べものをモチーフにしたファブリックオブジェを手がける。

毎日のアートなモノ美術館

毎日のアートなモノ美術館

「アートとは高尚な人が好むものである」。そんな風に難しく捉える傾向が、いまだに残っていると思われます。本館では、アートなモノを毎日に取り入れ、触れ、アートを身近なものとして愉しんでいただきたいと厳選した、世界中のアーティスト作品63点を展示しました。心ゆくまでゆっくりとご鑑賞ください。

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 2-3月号の記事を再構成]写真/武蔵俊介 文/間中美希子 スタイリング/野崎未菜美 イラスト/原 倫子  ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ