2022 Dec 05 Mon
DGS DAN-TEN

月に一度じっくりケアを。毎日履きたい〈パラブーツ〉の名靴とスローな愛し方

スローな服とエコなもの 第4回 スローファッションとは、旬や年齢問わず使い続けられ、お手入れ次第で長く付き合えるもののこと。移り変わりが激しく、安価な分抵抗なく処分できるファストファッションにお疲れ気味なあなたの味方です。まずは、スローファッションの基本として揃えておきたい服と靴、そしてそのお手入れ方法からスタート!連載一覧はこちら

雨の日も晴れの日も履ける靴ならどこまでも一緒に歩いて行ける

雨の日も晴れの日も履ける靴ならどこまでも一緒に歩いて行ける
パラブーツのミカエル6万9300円(パラブーツ青山店) ザ シンゾーンのパークパーカー4万2900円(シンゾーン ルミネ新宿店) バトナーのボーダープルオーバー2万2000円(バトナー) ラングラーのランチャードレスジーンズ8800円(リー・ジャパン カスタマーサービス) エレガンセーゼのストール3万5200円(TTIME) フィレールのトートバッグ2万900円(メゾンジェイ)
かめ

かめ目線

長生きでスローな亀の目線で流行に左右されずにじっくり楽しめたり丈夫で長く着られる寿命の長いものを選ぼう。

 

うさぎ

うさぎ目線

スローな服は、お手入れが必要不可欠。寂しがりやなうさぎの目線で、買った後もお世話しながら付き合っていきましょう。

Paraboot
パラブーツのミカエル

パラブーツのミカエル

ご存じパラブーツの名靴は、ソールのラバー材までまるっと自社生産を貫く希少な存在。そのためショップに依頼すれば、ソールをはじめとした各部材の交換が可能。覚えておくといいかも。6万9300円(パラブ-ツ青山店)

かめ目線の靴の選び方

60年代、ナンシー・シナトラは大ヒット曲で「私のブーツ、準備はいい?」なんて呼びかけました。玄関に用意しておきたいのは、いつでも準備万端の1足ですよね。

靴選びに迷ったならば、手持ちの服にきちんとなじんでくれるのか、長い距離も一緒に歩ける履き心地なのか、なんてところがポイントに。悪天候でも活躍してくれる機能性に、デザイン性も兼ね備えているものなら言うことなし。雨の日も晴れの日も、ついつい選んでしまう一足になりそう。

うさぎ目線の靴の愛し方

ヘルスニット ララビギンのハーフジップスウェット1万956円(ララビギン ドライグッズ ストア) ザ シンゾーンのTシャツ1万780円(シンゾーン ルミネ新宿店) ヤエカのチノ2万2000円(ヤエカ アパートメント ストア) イリス47のピアス2万4200円(フーブス) エム.モゥブレィのセントウィリアムセット4070円(アールアンドデー) 手に持ったパラブーツのミカエル6万9300円、同シューキーパー1万3750円(以上パラブーツ青山店) その他スタイリスト私物

服のプロも「絶対に使ってほしい」と語るシューキーパー。新しい革靴を買ったらセットで購入するのを忘れずに。さらに毎月ほんの30分ほど、じっくりケアの時間を作りましょう。

シューキーパーは入れたまま、まずは全体のホコリを落として。クロスにつけたリムーバーで汚れを落としたら、クリームを丁寧に塗り込みます。仕上げにブラシでツヤを出して、余分なクリームを拭きあげればおしまい。毎月第2日曜日にやる、などと決めちゃうのもおすすめ!

お世話するならコレ
お世話するならコレ
エム.モゥブレィのセントウィリアムセット4070円(アールアンドデー)

スローな服とエコなもの

スローな服とエコなもの

スローファッションとは、旬や年齢問わず使い続けられ、お手入れ次第で長く付き合えるもののこと。移り変わりが激しく、安価な分抵抗なく処分できるファストファッションにお疲れ気味なあなたの味方です。まずは、スローファッションの基本として揃えておきたい服と靴、そしてそのお手入れ方法からスタート!

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 2-3月号の記事を再構成]写真/松木宏祐 武蔵俊介 中島里小梨 文/礒村真介 丸山亜紀 大場桃果 スタイリング/新田アキ 佐々木 誠 ヘアメイク/山崎 桂 モデル/山本奈衣瑠 イラスト/柿崎サラ ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ