2022 Jul 05 Tue

年を重ねるごとに愛しさが増す〈ヤエカ〉のデニム。最適なお手入れ方法も

スローな服とエコなもの 第2回 スローファッションとは、旬や年齢問わず使い続けられ、お手入れ次第で長く付き合えるもののこと。移り変わりが激しく、安価な分抵抗なく処分できるファストファッションにお疲れ気味なあなたの味方です。まずは、スローファッションの基本として揃えておきたい服と靴、そしてそのお手入れ方法からスタート!連載一覧はこちら

一緒に年を重ねられる少しゆったりな1本を選ぼう

一緒に年を重ねられる少しゆったりな1本を選ぼう
ヤエカのデニム1万9800円、同シャツ2万900円(以上ヤエカ アパートメント ストア) バトナーのカーディガン3万5200円(バトナー) ワンスリー コンパウンド フレームの眼鏡3万8500円(デュアル) ラッキーソックスのソックス1980円(ラッキーソックス) その他スタイリスト私物
かめ

かめ目線

長生きでスローな亀の目線で流行に左右されずにじっくり楽しめたり丈夫で長く着られる寿命の長いものを選ぼう。

 

うさぎ

うさぎ目線

スローな服は、お手入れが必要不可欠。寂しがりやなうさぎの目線で、買った後もお世話しながら付き合っていきましょう。

YAECA
ヤエカのワイドストレートデニム

ヤエカのワイドストレートデニム

シーズンのトレンドよりも長く愛せるスタンダードを追求するヤエカの定番11番は、ワイドストレートのシルエット。体型が変化しても着続けられるベーシックさが好ましい。1万9800円(ヤエカ アパートメント ストア)

かめ目線のデニムの選び方

デニムほど、いつの世も愛されている服は他にないかもしれません。基本に忠実なセルヴィッジ(ほつれ止めの耳付き)デニムを選んでおけば損はありません。

シルエットは、トレンドに左右されないゆったりストレートが安心。ゆっくり織られたやわらかい生地ならはき疲れることもありません。はき込んで、アタリや色落ちなど自分らしい1本に育てましょう。

スローなデニムとは買ったときがピークではなく、年を重ねるごとに愛しさが増すものなのです。

うさぎ目線のデニムの愛し方

チャンピオンのフーディ2万5300円(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ナナミカのストライプシャツ2万6400円(ナナミカ 東京) グランマ ママ ドーターのパンツ2万3100円(チームキットカンパニー)  ヤエカのデニム1万9800円(ヤエカ アパートメント ストア)  ザ ランドレスのデニムウォッシュ3080円(アントレックス) その他スタイリスト私物

他の服に比べれば、少々厄介と感じるかもしれませんが、できるだけ色落ちさせたくないなら、洗うときには裏返してネットに入れるのがマストです。普通の洗濯用洗剤では洗浄力が強いので、おしゃれ着用洗剤やデニム専用洗剤で洗い上げましょう。干すときは、脚やウエストが筒状になるようにすることで風通しよく。

とはいえ、アタリや色落ちもデニムの醍醐味ですから、気負わずガシガシはいて、たまには洗濯というラフな付き合いがベストかもしれません。

お世話するならコレ
ザ・ランドレス
ザ・ランドレスのデニムウォッシュ クラシック 475ml 3080円(アントレックス)

スローな服とエコなもの

スローな服とエコなもの

スローファッションとは、旬や年齢問わず使い続けられ、お手入れ次第で長く付き合えるもののこと。移り変わりが激しく、安価な分抵抗なく処分できるファストファッションにお疲れ気味なあなたの味方です。まずは、スローファッションの基本として揃えておきたい服と靴、そしてそのお手入れ方法からスタート!

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 2-3月号の記事を再構成]写真/松木宏祐 武蔵俊介 中島里小梨 文/礒村真介 丸山亜紀 大場桃果 スタイリング/新田アキ 佐々木 誠 ヘアメイク/山崎 桂 モデル/山本奈衣瑠 イラスト/柿崎サラ ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ