2022 Dec 05 Mon
DGS DAN-TEN

〈バトナー〉のふんわりニットと、10年、20年先も愛用できるお世話の仕方とは?

スローな服とエコなもの 第1回 スローファッションとは、旬や年齢問わず使い続けられ、お手入れ次第で長く付き合えるもののこと。移り変わりが激しく、安価な分抵抗なく処分できるファストファッションにお疲れ気味なあなたの味方です。まずは、スローファッションの基本として揃えておきたい服と靴、そしてそのお手入れ方法からスタート!連載一覧はこちら

やわらかくて疲れないふんわりニットは毎冬着るのが楽しみになる

ふんわりニット
バトナーのニット3万800円(バトナー) ザ・ノース・フェイス パープルレーベルのダンガリーシャツ2万2000円(ナナミカ 代官山) イリス47のイヤリング2万6400円(フーブス) ハサミのマグカップ1650円(マルヒロ)
かめ

かめ目線

長生きでスローな亀の目線で流行に左右されずにじっくり楽しめたり丈夫で長く着られる寿命の長いものを選ぼう。

 

うさぎ

うさぎ目線

スローな服は、お手入れが必要不可欠。寂しがりやなうさぎの目線で、買った後もお世話しながら付き合っていきましょう。

BATONER
バトナーのモヘヤ ノルディック クルーネック ニット

バトナーのモヘヤ ノルディッククルーネック ニット

専業ブランドならではの黄金比でモヘヤ・アルパカをブレンドして、美しいノルディック柄をふっくらと表現。毛抜けも少なく改良されていて、お世話をすれば10年、20年と冬を彩ってくれそう。3万800円(バトナー)

かめ目線のニットの選び方

長持ちするニットがほしい。けれど、ベーシックなローゲージニットは重たかったりごわついたりして、着心地の面ではちょっぴり我慢が必要です。おしゃれは我慢なんてよく言いますが、それは昔の話。どんなにいいものを買っても、結局着るのが億劫になって出番が減ってしまっては意味がありませんから。

ベーシックなクルーネックに冬の定番柄・ノルディック柄、さらにふんわり軽くてやわらかいニットなら、毎年冬が来るのが待ち遠しくなりそうです。

うさぎ目線のニットの愛し方

ヘルスニット×ララビギンのハーフジップスウェット1万956円(ララビギン ドライグッズ ストア) ザ シンゾーンのTシャツ1万780円(シンゾーン ルミネ新宿店)  ヤエカのチノ2万2000円(ヤエカ アパートメント ストア) イリス47のピアス2万4200円(フーブス) バトナーのニット3万800円(バトナー) ティファールの毛玉クリーナー2068円(ティファールお客様相 センター) その他スタイリスト私物

お気に入りのニットを着ようとしたら、毛玉を発見。間違った毛玉の処理をしていると大切なニットがどんどん薄くなる原因に。お世話不足でへそを曲げられてしまう前に、頼れる毛玉取り器を備えておきましょう。

生地の厚さに合わせて刈ってくれる、電動の毛玉取りなら、必要以上に刈りすぎずやさしく効率よく毛玉を処理できます。袖口や身頃の脇など毛玉のできやすい部分は念入りに。ニットをなでるように毛玉取りをかければ、いつもご機嫌です。

お世話するならコレ
毛玉取り器
ティファールの毛玉クリーナー2068円(ティファールお客様相 センター)

スローな服とエコなもの

スローな服とエコなもの

スローファッションとは、旬や年齢問わず使い続けられ、お手入れ次第で長く付き合えるもののこと。移り変わりが激しく、安価な分抵抗なく処分できるファストファッションにお疲れ気味なあなたの味方です。まずは、スローファッションの基本として揃えておきたい服と靴、そしてそのお手入れ方法からスタート!

連載目次へ

[LaLa Begin 2022年 2-3月号の記事を再構成]写真/松木宏祐 武蔵俊介 中島里小梨 文/礒村真介 丸山亜紀 大場桃果 スタイリング/新田アキ 佐々木 誠 ヘアメイク/山崎 桂 モデル/山本奈衣瑠 イラスト/柿崎サラ ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ