2019 Jul 24 Wed

アクセサリーは、腕時計に合わせて選んでみよう

今日の着こなし、あっさりしすぎてる? そんな気分の時は、ちょっと自信のある腕時計とアクセサリーをプラスするっていうのはどうでしょう。

ユルくリラックスした装いでも、腕時計×アクセサリーの上品な組み合わせをONすれば、不思議とお洒落に見えちゃうんです。

腕時計とアクセサリーの深~い関係

メインとなるのはクラシックな腕時計

「ちょっと自信のある腕時計」って、要はお気に入りのこと。例えば、こんなクラシックなデザインが気に入っている、とかね。

ちなみにこちらは、ヴァーグウォッチカンパニーの「Coussin 12 Croco」というモデル。1920年代の腕時計を再現しているから、レトロなルックスをしているんです。

風防はやわらかな曲線を描いていて、細部まで雰囲気たっぷり。じつはアンティークウォッチのディーラーとして30年の歴史を持つ、「ヨシダトレードカンパニー」が手掛けているからこそ、成せるワザなんです。

この「ちょっと自信のある時計」をメインに、どんなアクセサリーをプラスしようか? 少~し考えてみてください。

VAGUE WATCH Co.
〔ヴァーグウォッチカンパニー〕
Coussin 12 Croco
3万5640円。>>詳細を見る

ベルトと似た色みで

ベルトがダークブラウン、ケースはゴールドのこちらのカラーは、いっそうクラシカルな雰囲気。ベルトが濃い色なので、存在感もたっぷりです。そんなときは、アクセサリーも時計と似た色みを選ぶのがオススメ。印象が強いからこそ、統一感を持たせることでまとまりが良くなるんです。

選んだのは、アメリカ・ピッツバーグ発のブランド「ステュードベイカー」のピアス。美しい模様は、職人が手作業で作るからこそできる仕上がりです。深みと艶のあるこの素材は銅。ポリッシュやコーティングの加工はあえて施しておらず、素材本来の風合いが楽しめます。

STUDEBAKER
〔ステュードベーカー〕
STUDEBAKER HOOPS
1万2960円。>>詳細を見る

ケースと素材を揃えて

肌馴染みのいいブラウンは、ケースがシルバー。着けたときには、まるでシルバーアクセサリーのように映えるのが素敵です。というわけで、アクセサリーもケースに合わせて、シルバーを選ぶっていうのも手。

ゆるやかな弧を描いた、「L.W」のネックレス。プロダクトデザイナーでもあるデザイナーが手掛けており、その繊細なデザインと雰囲気が魅力です。腕時計に合わせて、さりげなく身に着けるのにぴったり。

L.W
〔エルダブル〕
N01 slv
6480円。>>詳細を見る

メンズライクな雰囲気に仕上げたいときは、こんな存在感たっぷりのシルバーもアリ! 日本製にこだわり、丈夫でシンプルなモノ作りにこだわる「ザ シュペリオール レイバー」のシルバーバングルです。素材は純度の高い「シルバー950」。その味のある表情は、装いをしっかり引き締めてくれますよ。

THE SUPERIOR LABOR
〔ザシュペリオールレイバー〕
silver fine draw
1万5120円。>>詳細を見る

上品にするならパールを

最後はこちらのグレーのカラー。クロコダイルの柄も映え、上品な雰囲気です。実につければ、一気に装いを品よくアップデート。特にこんなパールアクセと相性抜群です!

こちらのネックレスとピアスには、ひとつひとつ形が異なり味のある「バロックパール」を採用。パールが小ぶりだからこそ、カジュアルな装いにもさりげなく合わせられ、日常づかいに活躍します。

A Little Kit for Handcraft
〔ア リトル キット フォー ハンドクラフト〕
バロックパールネックレス&プレートイヤリング(工具付き)
5832円。>>詳細を見る

腕時計とアクセサリー。コレだ! というマイ定番の組み合わせを見つけるのも、けっこう楽しいものですよ♪

Share

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ