2019 Mar 22 Fri

いつものスタイルに、ワークフレンチをプラス

ロビュールは、1922年にフランス・リヨンで設立されたワークウェアブランド。フランスの公共機関やホテル、レストランのユニフォームまで手掛けているというから驚きです。

でもいっそう見逃せないのは、ワークウェアのディティールをリアルクローズに落とし込んだ、タウンユースのアイテムたち! そのクリーンでミニマルなデザインは、ボーイな女のワードローブにすんなりハマる予感です。

 

ニュアンスをプラスする、フランスのワークウェア

ロビュールのカバーオール

たとえば、こちらのカバーオール。コットン100%で程よいコシのある生地は、カジュアルなアイテムと相性ぴったり! 大きめのポケットや、白のステッチが着こなしのアクセントにきくんです。

シルエットはオーソドックスだから、様々なインナーと好相性。写真のようにタートルネックやサーマルはもちろんのこと、スウェットやニットだって合うんです。袖は捲れる仕様なので、春にはロンTやTシャツと合わせてもいい感じ!

マスタードは差し色に、グレーは上品な雰囲気に。ネイビーはどんな色とも相性がよく、チャコールならよりボーイッシュに。そんな具合に、普段の着こなしに取りいれやすいカラーです。

ROBUR
〔ロビュール〕
COVERALL
1万8144円。>>詳細を見る

 

セットアップでもすんなり着こなせる

旬なワントーンコーデにしてみたらこんな感じ。相性ぴったり!ってそれもそのはず、ボトムもロビュールのものなんです。ワークウェアをベースにしているからこそ、セットアップにしてもキメキメにならず、ゆるーく着こなせますよ♪

ロビュールのトラウザーズ

シルエットはストレートでメンズライクな雰囲気。腰回りはゆったりで、ウエストはリボンベルトを絞って調整できるため、はき心地は楽チンです。カバーオールと同様、フロントとヒップのビッグポケット&白ステッチがアクセントにきいています。

裾を折っても雰囲気が変わるし、トップスをウエストインすれば女性らしさも。ワークテイストを残しつつ、デイリーにはきやすい優れたデザインは、フランス発ブランドならではです。

ROBUR
〔ロビュール〕
UNITY TROUSERS
1万584円。>>詳細を見る

Share

もっと読みたいあなたに

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ