2023 Feb 06 Mon

おしゃれの上級テクが即かなう♪ 本誌スタイリストも太鼓判の“レイヤード専用T“が待望の再入荷!

誰でもレイヤード上級者になれる大人気パックT

去年の1月に登場し、わずか1週間で完売。その後12月、1月と追加生産をするも、いずれも1日で完売してしまった「レイヤード上手なパックT」のホワイトが、待望の再々々入荷です!

lelill × LaLa Begin
別注 レイヤード上手なパックT

ニットやスウェットの首元や裾から、白Tをチラリとのぞかせるレイヤードスタイルがしたいけど、意外とバランスがむずかしい……。そんなお悩みを解決すべく生まれたこのパックT。

機能的で気の効いた大人のおしゃれが得意の《lelill(レリル)》にお願いして、オリジナルのレイヤード専用トップスを作っていただいたのです!

ポイントは、首元、袖、裾からチラ見えするバランス。とくに裾まわりの見え方にこだわった結果、ラウンド型の裾とスクエア型の裾、2種類のTシャツをお得な1パックにすることに♪

ではでは、それぞれくわしくチェックしていきましょ!

抜け感あるレイヤードスタイルには、ラウンド型を

まずは、ラウンド型のTシャツからチェック。

裾がゆるやかに曲線を描くラウンド型。しっかりと前後差があり、お尻が少し隠れるくらい着丈があるので、レイヤード感を出したいときにおすすめ。

ネックラインのリブが細めで、袖もラグラン仕様になっているので、すっきりとして上品な印象です。

着てみるとこんな感じ。

長めの着丈のおかげで動くたびに裾がひらりと揺れて、立体的で動きのあるコーデに。オーバーサイズのトップスともバランス◎で、コーデの幅が広がること間違いなし♪

スクエア型は、メンズライクでラフなスタイルにぴったり!

一方、スクエア型のTシャツ。

まっすぐな裾のラインはベーシックでカジュアル。メンズのトップスのようなラフな仕上がりで、首元や裾からほんのりトップスを出したいときに最適なデザインです。

首元は幅広のバインダーネックになっていて、タフなつくり。ニットやスウェットからのチラ見せでも、しっかりと存在感をアピールしてくれますよ!

実際に着てみると、ラウンド型よりも着丈が短く、ボックスシルエットなのがよくわかりますよね。

レイヤード専用とは言いつつも、1枚で着ても申し分なくサマになってくれます。デニムやTシャツをあわせた、こんな王道のアメカジスタイルにどうぞ♪

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ