2019 Apr 21 Sun

ブラシをかけたら、仕上げはスプレー

革のバッグや財布が、愛用するほど味わいを増すのは大歓迎。多少のキズや汚れだって、「深みが増したな~」ぐらいに思えるほど。しかし! ニットの“毛玉”となれば話は別ですよね。表面にゴロゴロ毛玉があるのは、どうしたって気になるもの。そこで、ワンランク上のお手入れをはじめてみませんか?

アンデグの毛玉予防スプレー

シュッとするだけで、毛玉を予防

お気に入りのニットは、秋冬にたくさん着こなしておきたいもの。でも悲しいかな、着れば着るほどにニットはこすれ、毛玉はできてしまうのです。そのメカニズムは簡単。こすれによって繊維の先端に『毛羽』ができ、この毛羽同士がさらにこすれて絡み合うことで、毛束→毛玉を形成するためです。

着用後にはブラシをかけ、からまった毛をとかしたり、連日続けて着るのを避けるなどの対策がありますが、できることはまだありますよ。「アンデグ」のスプレーの出番です!

使い方は、ニットに直接スプレーをするだけ。毛玉ができてからの対症療法ではなく、そもそも毛玉をできにくくするアイテムなのです! これなら時間もかからず簡単なので、朝出かける前でもできますね。

スプレーすることで毛羽を出にくくし、毛が絡み合うのを抑える仕組み。繊維の奥に作用するので、生地表面のふんわり感はそのままキープしてくれます。ニットによく使われる、ウール、カシミア、アンゴラ、モヘア、などの動物性の繊維はもちろん、コットン、ポリエステル、アクリルの繊維にも使用OK。毛玉になりやすいアイテムは素材を調べて、使用OKの場合はぜひ活用しちゃいましょう! 無香料なので、ふだんの洗剤や柔軟剤、香水とも気兼ねせず併用できますよ。

毛玉取り器やカミソリ等で毛玉を取り続けると、生地は薄くへたれていってしまいます。つまり毛玉を予防すれば、お気に入りのニットの寿命が延びることにも! 着たあとはブラシをかけて、仕上げにスプレー。これが服好きの、テッパンお手入れ法かもしれません♪

undeg
〔アンデグ〕
毛玉予防スプレー
3024円。>>詳細を見る

Share

もっと読みたいあなたに

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ