2021 Oct 24 Sun
ダンテンLP

武骨なアメリカンor洒脱なフレンチ? この秋取り入れたい、ワークの老舗の本格派パンツたち

秋冬は“本格派”を堪能したい!

武骨で男前なワークウェア。ライトで軽快に着こなせるアイテムが気になる春夏とは対照的に、秋冬は本格派でヘビーデューティーなアイテムを装いの主役にしてみませんか?

今回は、フレンチワークとアメリカンワークの注目ワークパンツ2本をピックアップ。それぞれのポイントをクローズアップしつつご紹介しちゃいます!

フレンチワーク〈Le Sans Pareil〉
ヴィンテージでも人気! 「モールスキン」のワークパンツ

まずは老舗フレンチワークブランド《Le Sans Pareil(ル サン パレイユ)》のパンツをご紹介します♪

こちらは、「モールスキン」を使用したパンツ。モールスキンは、アメリカでいう「デニム」のような存在で、フレンチワークでは代表的な素材なんですよ。

キャンバスやデニムよりも丈夫と言われるモールスキン。糸の太さはないものの、高密度かつ生地を二重にしたような織り方で強度を高めています。

また、キャンパスやデニムのようなゴワゴワ感がなく、なめらかでやさしい手触りも魅力です!

現在、ヴィンテージでは希少とされるこの素材を、当時と遜色ない生地感で再現したこちらのパンツ。ワークウェアながら上品な光沢感をたのしめますよ。

生地だけでなく、フロントフック、片側のみに配されたポケット、糸の太さやステッチに至るまで、忠実に再現されているのだとか!

現代にいながら当時のワーカーたちと同じ着心地を味わえるというのも、なんだか乙ですよね~♪

カラーはネイビー、ブラウン、ブラックの3色。

セットアップでも楽しめる同素材のシリーズもありますので、そちらもあわせてチェックしてみてください♪

Le Sans Pareil(ル サン パレイユ)
CMS TRADITIONAL WORK PANTS

1万8150円(税込) >>詳細はこちら

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ