2019 May 20 Mon

AかOかIがおすすめ!シルエットで選ぶ、ボーイな女のダウン6選

ダウン、スキ?キライ?第5回(全13回) ダウンほど優れた防寒着はありません。だからキライになるなんてもったいない。単に出会いの数が少ないだけかもよ?一度スキになったら手放せない、頼れる相棒だってこと、ぜひ知ってください。

ダウンのシルエットはややゆったりがいい

メンズライクな手持ち服と相性がいいのはやっぱりA、O、I型。おすすめのダウンを一挙ご紹介します!

>>ダウン、スキ?キライ?記事一覧はこちら

ドストレートなI型

PEAK PERFORMANCE
ピーク パフォーマンスのW フロスト ダウン コート

「パーテックス」の表地と700フィルパワーのダックダウンのおかげで過酷な環境下でも快適そのもの。どシンプルなI型ダウンだけど研ぎ澄まされたデザインは存在感が違います。5万2000円(ピークパフォーマンス)

CAPE HEIGHTS
ケープハイツのタムフォード

シンプルで洗練されたI型に、首元ポカポカなショールカラーが好アクセント。マットな生地使いやメタルパーツが見えないデザインもスポーティすぎず、お洒落して出かける夜にもぴったり。5万5000円(グリニッジ)

>>ダウン、スキ?キライ?記事一覧はこちら

体を包み込むO型

HELLY HANSEN
ヘリーハンセンのバブルダウンジャケット

裏面が光沢カーキになったリバーシブルダウンは、90年代のアーカイブからインスパイア。表地は多少の雨でもしのげる撥水生地。短丈ビッグサイズのO型も今年、気になるバランス。3万2000円(ヘリーハンセン 原宿)

THE LOFT LABO
ザ・ロフト・ラボの
WIIS /フーデッドロングダウンコート

まあるいシルエットとショールカラー風にも着られるデザインが、程よく女性らしい人気モデル。表地は水や汚れに強くだけでなく、染み込んだ汚れも落としやすくてお手入れラクチン。6万2000円(ザ・ロフト・ラボ)

裾広がりのA

CANADA GOOSE
カナダグースのケンジントン パーカ

雪山から街中までカバーする、スリムフィットのA型ロングダウン。きゅっと締まるリブニットの衿や調節できるウエストベルトがフィット感を高め、寒さを全力でシャットアウトしてくれる。9万2000円(カナダグース)

HYSTERIC GLAMOUR
ヒステリックグラマーのトライアングル ウーマンロゴ プリント フーデッドコート

前がアシンメトリーになったコンパクトなA型ダウン。艶々の表地は極細糸を織り上げたナイロンリップストップ素材で、小さく畳めるほど軽くしなやかながら裂けにめちゃ強い。8万8000円(ヒステリックグラマー)

[LaLa Begin2018-19年12-1月号の記事を再構成]
写真/清水健吾 久保田彩子 文/間中美希子 仁田ときこ 灰岡美紗 

Share

よく読まれている記事

関連特集・連載

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ