2021 Oct 24 Sun
ダンテンLP

「グランマ ママ ドーター」のアウターで楽しむ“デイリーミリタリー”

GRANDMA MAMA DAUGHTER(グランマ ママ ドーター)の作るミリタリーコートを見て、真っ先に抱く印象は“都会的”だということ。

不動の定番、M-51をベースにしたデザインは、先人の叡智が濃縮された、ミリタリーウェアの機能性への敬意を感じさせつつ、大人の女性に寄り添う現代的な印象へとぐぐっと進化しているんです!

ジャケットの上にも羽織れる、がばっとシルエット
グランマ ママ ドーターのVネックジャケット2万8600円、同スタンドカラーシャツ1万6500円、同テーパードクロップドデニム2万4200円(以上チームキットカンパニー)

テーラードモッズコート

M-51パーカを現代風にアレンジ。まず、フードを小ぶりのテーラードカラーへ変更し、特徴的なフィッシュテールも外して無骨な印象をスマートに。

タフな印象のファスナーは原型を踏襲。ゆったりシルエットで中にも着込め、外気を防ぐ袖口のゴムや、軽く丈夫な64クロスの採用など、機能面も万全です! 2色展開でブラックも。4万6200円(チームキットカンパニー)

STYLING POINT

手持ちのジャケットに重ねるだけで秋の定番コーデがレベルアップ。きれいめの白のワントーンに程よいボーイ感をプラス。シャツ、ジャケット、コートと3枚重ねても着ぶくれせず、すっきりまとまるサイジングです。

コットンナイロンの軽い素材で春や秋のライトアウターに。

そもそもライナー付きであったM-51のように、キルティングジャケットとレイヤードすれば冬の寒さもへっちゃら。フードからチェンジしたテーラードカラーはなんとも知的でハンサムなので、身軽なカジュアルスタイルから気合の入るONタイムまで、長~く着られて幅広いシーンで活躍。令和を生き抜くボーイな女の使えるアウターとして、これ以上ないほどよい出来なんです。

ライナー合わせでレイヤードも楽しめる!
グランマ ママ ドーターのニットベスト2万900円、中に着た同ロンT 1万5400円、同ストライプテーパードパンツ3万800円(以上チームキットカンパニー) その他スタイリスト私物
中に着たのは……

キルティングジャケット

冬もほかほかに乗り越えられる!
米軍特殊部隊でも採用されている保温素材、クライマシールドを使用。驚くほど軽いうえ、防湿性と速乾性、形状保持に優れ、常に快適な着心地をキープ。体温を内側にしっかり封じ込めてくれるので、いつでもぬくぬく! 4万1800円(チームキットカンパニー)

STYLING POINT

キルティングジャケットをインナーに、ストライプのウールパンツと合わせてお仕事スタイルに。黒のワントーンでシックにまとめて。スリムなシルエットなのに、冬の外回りもOKな暖かさもうれしい!

春先にもしっくりくるカラーと素材感がうれしい
グランマ ママ ドーターのストライプワンピース3万3000円、同タートルネックカットソー7150円、同スニーカー※参考商品(以上チームキットカンパニー) その他スタイリスト私物

STYLING POINT

メンズライクなカラーと辛口なファスナーの存在感で、シャツワンピのお出かけルックもレディすぎずにいい塩梅。ウエストを絞ると印象も変わり、春らしく軽快なスタイルに。薄手なので袖をまくれるのも便利です。

Let’s study!
ルーツになったM-51ってどんなコート?

1950年代にアメリカ地上軍に採用されたフード付きの極寒防寒衣料の51年型モデル。フィッシュテールと呼ばれる、燕尾状に先割れした後ろ身頃の裾が特徴。あらゆる気象条件に対応する、着脱可能なライナーも搭載。

グランマ ママ ドーター

お問い合わせ先/グランマ ママ ドーター
TEL/075-223-3005
公式オンライン/https://grandmama-and-kato.com/
公式ブランドページ/https://grandma-mama-daughter.jp/

写真/小野田陽一 文/渡辺 愛 ヘアメイク/山崎 桂 スタイリング/新田アキ モデル/潮田あかり ※掲載内容は配信時点の情報です。

Share

Pick up

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ