2022 Aug 19 Fri

【1週間の着回し術】大人の服好きは、スタイリングも夏バテ知らず!?

BASIC STYLE SNAP ひと夏役立つ定番服スナップ! 第7回 あついあつい夏が今年も到来! シンプルな装いになるからこそ、コーデがマンネリ化しがちだし、何を着ようか迷子になりがち......。そんな「明日、何着よう?」と頭を抱える私たちのために、アイテム&シーンごとに、全国の服好きさんの定番の装いをSNAP! 連載一覧はこちら

組み合わせを替えるだけでイメージも気分も、毎日チェンジ♪

マッキントッシュフィロソフィー “グレーラベル” MD
井上瑠華さん
着回し術
MON./ ①+②+メゾン・マルジェラのバレエシューズ+テンのピアス、同リング+ティファニーのネックレス+ヴィンテージの腕時計、バングル(以上本人私物)

ユニセックスなムードの軽やかなコレクションであるマッキントッシュ フィロソフィー“グレーラベル”の商品開発を担当。生地や素材感にこだわり、古着も大好物という根っからの服好きさん。

一見ベーシックなスタイリングの中にも“自分らしさ”を取り入れるのがお得意! 井上さんの定番服で一週間の着回しを見せていただきました。

ついつい着ちゃう夏のスタメン3

アイテム3

① ペールタウンで購入したヴィンテージのTシャツ
サンフランシスコの街を描いたプリント。1枚でインパクトのある装いが完成!

 

② オーラリーのストライプスカート
淡色のストライプが上品。ほどよい主張でどんなテイストにも自然になじむ。

 

③ マッキントッシュフィロソフィー“グレーラベル”のパンツ
光の加減で玉虫色に光る生地で、大人カジュアルを演出。

「素材やデザインの中に隠された工夫が気になるんです」と話す井上さんのワードローブは、絶妙なツボを突く古着に、品のあるミリタリーなど“さりげない個性”を携えたアイテムたち。持ち味はしっかりあるけれどシンプルな洋服が基準です。

「夏は透け感のあるものやリネンの服を着ることが多くなる!」というように、素材のテクスチャーで季節感を表現するのも上手。ところどころに女性らしさを加えた小物使いのセンスにも注目です。

「小さなバッグやシルバーアクセ、レディライクな靴などで、フェミニンな要素を加えてバランスを整えるのがこだわりなんです!」

大人のアクティブルックはリネンのショートパンツで
大人のアクティブルック
TUE./ ①+モリスアンドサンズのリネンショートパンツ+MON.と同じシューズ+パロマウールのバッグ
やわらか素材のシャツでミリタリーをマイルド化
やわらか素材のシャツでミリタリーをマイルド化
WED./③マッキントッシュ フィロソフィー“グレーラベル”のミリタリーパンツ バルカム/2万4200円(マッキントッシュ フィロソフィーグレーラベル ルミネ新宿店)マッキントッシュ フィロソフィー“グレーラベル”のバンドカラーシャツ1万9800円(マッキントッシュ フィロソフィー グレーラベル ルミネ新宿店)+エダーシューズのレザーサンダル
カラフルなリネントップスで気分を明るく!
カラフルなリネントップスで気分を明るく!
THU./ロンハーマンのリネンブラウス+②+WED.と同じサンダル
ヘルシーな透け感を味方にボーイなパンツスタイルで
ヘルシーな透け感を味方にボーイなパンツスタイルで
FRI./ポステレガントのサマーウールTシャツ+③+TUE.と同じバレエシューズ・バッグ

 

裾のロールアップでボリューム感を楽しむ
裾のロールアップでボリューム感を楽しむ
SAT./ ①+マッキントッシュ フィロソフィー“グレーラベル”のオーバーオール+コンバースのシューズ
美術館で買ったTシャツでアートのエッセンスをON
美術館で買ったTシャツでアートのエッセンスをON
SUN./美術館で購入したマティスのTシャツ、バッグ+③+SAT.と同じシューズ ※問い合わせ先がないものは本人私物

BASIC STYLE SNAP ひと夏役立つ定番服スナップ!

BASIC STYLE SNAP ひと夏役立つ定番服スナップ!

あついあつい夏が今年も到来! シンプルな装いになるからこそ、コーデがマンネリ化しがちだし、何を着ようか迷子になりがち……。そんな「明日、何着よう?」と頭を抱える私たちのために、アイテム&シーンごとに、全国の服好きさんの定番の装いをSNAP! すぐ真似できるように伝授してもらったコーディネートのコツを参考になる自前解説入りでお届け。ふむふむと読んで勉強して、スタイリングの“夏バテ卒業YEAR”にしますか。

連載目次へ

[LaLa Begin 2021年 8-9月号の記事を再構成]写真/堀越照雄(TRON) 上原朋也 久保田彩子 服部希代野 砂原 文 武蔵俊介 中島里小梨 文/渡辺 愛 立石 郁 編集部 イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ