2022 Sep 25 Sun

【BASIC 100 RULES】 夏のインナー対策にもこんなルールがあるんです

BASIC 100 RULES Spring-Summer LaLa Beginが定義する「服好き」、あるいは「服好き」予備軍さんへ春から夏のおしゃれの心得を、100に絞ってご紹介。春夏おしゃれバイブルとして参考にしてみて! 連載一覧はこちら

夏こそウールの肌着を着る

意外かもしれませんが、夏の肌こそ、ウールが最適です。

大切なのは、「メリノウール」であること。 夏は30℃以上、冬はマイナス20℃にもなる厳しい環境で育つメリノ羊からとれるメリノウールは、その環境に耐えうる特性があるからです。

Tank top:JOHA

繊維が極細のため、汗を素早く吸い上げ、短時間で発散しサラサラ感をキープ。さらに、雑菌の繁殖を抑えるので臭いにくい!

同じく寒暖の差が激しい砂漠でも、ウールが重宝されているとか。自然素材のもつ力ってやっぱりすごい!

白い服の日はココア色の下着

爽やかな白Tシャツや白シャツをせっかくおしゃれに着こなしても、下着が透けて見えたら台無し。透けないインナーはベージュが一般的ですが、大人っぽいココア色 がいちおしなんです。

Camisole: SOUPLE LUZ

万が一見えてしまっても、いわゆる“ババシャツ”にならない。ココア色で透けさん、隠さん。控えおろう〜。

スカートの下には必ずペチコートをはく

薄着が台頭する夏の時期こそ、インナーにはペチコートを重ねるのがベター。洋服の透け防止は当然のこと、汗取り効果で座った時のあの不快な張り付きを防ぎます。

Petticoat:FRENCH BULL

素材は乾きやすくムレないコットンがおすすめです。

BASIC 100 RULES Spring-Summer

LaLa Beginが定義する「服好き」、あるいは「服好き」予備軍さんへ春から夏のおしゃれの心得を、100に絞ってご紹介。春夏おしゃれバイブルとして参考にしてみて!

連載目次へ

[BASIC 100 RULES Spring-Summerの記事を再構成]※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
Lala Begin ONLINE
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ