2021 Sep 27 Mon
新創刊記念プレゼント!

その靴どこの⁈ 大人の服好きが一目置く〈ムーンスター〉の スニーカーとは?

名作感漂う、気になるスニーカーの正体とは?

昔ながらの手仕事を感じさせる由緒あるスニーカーの趣だけど、ロゴもなければブランドネームも表に出さない、きりりと無地のハンサム顔。ねぇねぇその靴、どちら様ですか――

「あの子が履いてる、あのスニーカーは……」

リーのオーバーオール1万5400円(リー・ジャパン カスタマーサービス) F.マックレガーのカットソー9900円、肩にかけたニット1万7600円(以上フェリシティ 原宿) ソックス/スタイリスト私物

「いつ見てもお洒落な、ボーイなあの子。颯爽とデニムサロペットを着こなした今日の足元は、あれ、定番のキャンバスハイカットスニーカー? 履き口からのぞくピンクのソックスが引き立つ、ベーシックなバスケットタイプだけど、柄もロゴもないシンプルさが何だかただ者じゃない雰囲気。ちょっと、いえいえとっても気になります」

ムーンスターのHI BASKET FGC 1万1000円

ブランドロゴの主張がないので、生成りのキャンバス地という素材の潔さが全面に。よく見るとソールの裏側が太平洋のようなブルーで、デニムの色とさりげなくリンクしています。

「ブラックもカッコイイ‼」

F.マックレガーのワンピース2万5300円(フェリシティ 原宿) ソックス/スタイリスト私物

「気取らないけど感じのいいあの子の最近のお気に入りは、どこのかわからないけど佇まいに雰囲気のあるオールブラックのスニーカー。まるでショートブーツみたいにバッグと色を合わせて、ワンピスタイルを甘くしすぎない引き締め方が上手。ハンサムな彼女って、きっとこういうこと?」

ムーンスターのHI BASKET FGC 1万1000円

キャンバス素材の外羽根ハイカットシューズは、1900年代前半のバスケットボールシューズに採用されていたベーシックな形。ソールサイドや靴紐、留め具まですべてブラック一色で、作りのいいシンプルなモノの良さが引き立ちます。

「あのローカット、キャンバスじゃないの⁈」

F.マックレガーのTシャツ6490円、デニムパンツ20900円(以上フェリシティ 原宿)エル・エル・ビーンのリュック7590円(エル・エル・ビーン カスタマーセンター) ベルト/スタイリスト私物

「書店を日常使いできる女性に憧れのある今日この頃。カジュアルなアイテムをオールホワイトでまとめて、でも足元をあえて白レザーの異素材使いにするところが、ご近所物語でも手を抜かない大人の服好きとしての密かなこだわりなんだって。それにしても、戦利品が小説なのか雑誌なのか、それとも意外に漫画だったりして?」

ムーンスターのLOW BASKET FG 1万9800円

こちらは同じシューズのローカットモデルでも、キャンバスではなくレザー使いにアレンジ。ほどよいツヤがプラスされ、生成りの白とはまた違う、クリーンなホワイトによくマッチします。

名作スニーカーの正体は…控え目ながら、語りどころ満載「九州・久留米生まれのスニーカー」

ボーイなあの子が履いていたアノニマスなあの靴、じつは何だか由緒ありそうという印象は大正解。正体は3足とも、ゴム産業の街・福岡県久留米市にておよそ150年続く「ムーンスター」が、昔ながらのヴァルカナイズ製法で生み出しているスニーカーです。

職人の手仕事によるヴァルカナイズ製法は、大掛かりな“窯”の設備が必要なこともあいまって、世界でもこの製法で靴づくりができる工場は数えるほど。ムーンスターは国産のヴァルカナイズ製法靴のファクトリーとして真っ先に名が挙がる老舗で(ほかの製法も適材適所でバリバリこなしてます)、スクールシューズやワークシューズといった実用靴の分野でも日本人の足を広く支えている縁の下の力持ち。

その工場のオリジナルブランドによる、控え目ながら語りどころ満載の名作スニーカーなんです。

ヴァルカナイズ製法とは?

靴作りにおいてアッパーとソールを貼り合わせるとき、一般的には薬剤で接着したり、縫い合わせたりして製靴します。昔ながらのヴァルカナイズ製法は、硫黄を混ぜた生ゴムのソールをアッパーにゴム糊で貼り合わせ、窯で一時間ほど熱と圧力をかけます。その結果、生ゴムと中に練り込まれた硫黄が化学反応を起こし、柔軟性と耐久性に優れた靴が完成します。ソールがしなやかで柔らかい、丈夫で壊れにくく、美しいシルエットが保てるといった良さがあります。

ヴァルカナイズ製法スニーカー、3つの魅力

01.とにかく歩きやすい

アッパーと生ゴムのソールをゴム糊を使って貼り合わせ、加硫によりゴム同士が結合することで強固に接着、そのため、ソールにしなやかさがあり、持ち主の歩みにぴたりと寄り添います。なんてったって、数十年前まではバスケットボール選手が試合で履いていたほどですから。

02.職人の手による、味なクラフト感

ゴムを裁断し、ハケでのりを塗り、熟練の手仕事と勘で貼り合わせる。ソールに使われる生ゴムは柔らかく不安定であるため、絶妙な力加減で作業されています。窯入れを経て完成する、まるで焼き物のような製法のため、仕上がりには個性が生じ、あたたかみを感じさせるのがうれしいところ。また窯の中では長時間高温にさらされるためハイテク素材の採用が難しく、それが結果的に昔ながらの姿を保つことにも繋がっています。

03.耐久性にも優れ、ずっと長持ち

ヴァルカナイズ製法の加硫缶で強度が増したゴムは、スニーカーにとって理想的な弾力と耐久性に変身。おまけに上の項でも力説したとおり、素材自体で圧着されているため屈曲運動によるダメージにも強く、美しいシルエットが保て、加水分解などの経年劣化の心配も少ないと、長く愛せる要素が揃っています。

日々の生活に寄り添う、ムーンスターの銀座旗艦店限定シリーズ

メイド・イン・久留米であることを大切に、その魅力をシンプルな靴に仕上げているムーンスターのオリジナル。2018年に銀座にオープンしたフラッグシップショップでは、大人の服好きが心惹かれそうな名作シューズが数多く揃います。

HIBASKET FGC

この夏、銀座旗艦店限定で新登場するハイカットモデル。約100年ほど前にバスケットボール競技用として考案され、その後スニーカーとして幅広く街履きされるようになったスタンダードなスタイルを、細かな部材の色まで統一させた至極シンプルなデザインに。新しい定番の誕生です。NATURAL、BLACKMONOの全2色。サイズはユニセックス展開。各1万1000円 ※7月1日(木)発売予定

LOWBASKET FG

こちらも銀座旗艦店限定で展開されている、定番ローカットモデルのレザー版。ヴァルカナイズ製法による丁寧な手仕事を経て生み出され、履くほど足によく馴染みます。上のハイカットモデル同様、ホワイトのソールでは底にコーポレートカラーのブルーを採用。装いの爽やかなアクセントになって素敵です。BLACK、WHITE、BLACKMONOの全3色。サイズはユニセックス展開。各1万9800円。 ※現在発売中。

シューズのお求めは「MOONSTAR Factory Ginza」へ

住所:東京都中央区銀座3丁目4-18

営業時間:11:00〜20:00

定休日:不定休

オンラインショップ:https://fg-store.moonstar.co.jp/

instagram:https://www.instagram.com/moonstar_factoryginza/

写真/木村心保 武蔵俊介 文/礒村真介 スタイリング/北川沙央里 ヘアメイク/鈴木 かれん モデル/カイノ ユウ ※掲載内容は配信時点の情報です。

【モデル着用アイテムのお問い合わせ先】

エル・エル・ビーン カスタマーセンター tel:0422-79-9131
パラブーツ青山店 tel:03-5766-6688
フェリシティ 原宿 tel:03-3478-3305
リー・ジャパン カスタマーサービス tel:0120-026-101

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ