2019 Apr 19 Fri

穿くだけでスタイルアップするデニムがあるらしい!? 

マストアイテムであるデニム、かっこよく穿きこなしたい!

「私たちのクローゼットに絶対ある」「週に1度は必ず履く、いや下手したら週3は履いてる」なんて、ボーイな女の必需品であるデニム。
そのデニムでスタイルアップできちゃったらとっても嬉しい(ほら、デニムが似合う体作りが必要なのは重々承知ですけど、一朝一夕じゃ叶いませんから…)。

サキュウのデニムが穿くだけでスタイルアップしちゃうって評判なんです!

 

スタイルアップのワケは「コンパクトヒップ」

最近のデニムに多いのは「ハイライズ」。これ、もはや流行ではなく、定番化してきましたよね。腰の位置が高く、足が長く見えるのは嬉しいんですが、お尻がかっこよくないと、なんとも決まらないんですよね…。お尻がどーんと見えてしまいがちなのが難点。お尻って自分からは見えないから油断しがちだけど、意外に他人は見てますよ(汗)!

突然ですが、AとB、どちらのヒップのほうが小さく見えますか? 


答えはB。

(※イラストはオフィシャルHPより引用)

違いは赤い脇線の位置。人の目は、脇線で仕切られた後ろの部分を「お尻 」として認識するんだそう。サキュウのデニムは脇線をほんのすこし後ろ寄りにしている、細かなワザありデニム。目の錯覚を利用して、お尻を小さく見せてくれるってワケです。

加えて、しっかりと厚みのある生地がヒップラインを拾わないのでお尻の丸みが強調されすぎず、ボーイな雰囲気に仕上げてくれるナイスなポイント。これなら、ヒップラインにかかる長め丈のトップスに頼らずに、堂々とウエストINできちゃいますね!

 

マリリン・モンローが愛したデニムのシルエットをイメージ


デニムそのものは太目のテーパードシルエット。太もも部分はゆったり、裾に向かって緩やかに細くなっていく、足が綺麗に見える形です。ほどよい太さが、ボーダーのトップスやスウェットなどのカジュアルなアイテムとも相性抜群!腰に沿うような丸みを描くシルエットは、マリリン・モンローが愛用したデニムがイメージソース。

 

色落ちせず、最初の濃色がキープできちゃう

冬の装いにもばっちり似合う、濃いインディゴカラー。ワンウォッシュしてから元のデニムの表情に戻す「re:birth」という加工を施しているので、洗ったり穿きこんだりを繰り返しても、色や質感の表情をキープしてくれるんです。濃色デニムってやっぱり色褪せて風合いが変わってきちゃうから(それも味として楽しみたい場合もありますけどね)、濃い色のまま、クリーンに穿きたいなんてワガママな気持ちにも応えてくれるんです!

定番アイテムだからこそ、デニムにこだわるだけで、日々の着こなしもブラッシュアップされるはず。評判のいい1本を手に入れて、デイリーに穿きこみたいですよね!

caqu 〔サキュウ〕
モダンクラシック
2万1600円(税込)>>詳細を見る

サキュウのほかの商品はこちら

Share

もっと読みたいあなたに

関連特集・連載

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ