2023 Jan 30 Mon
DGS セールバナー

今話題のCBDって? 気になったら鎌倉にオープンした「ENDOCA」へ行ってみよう

CBDのパイオニアが、フラッグシップショップをオープン

オーガニックコスメのセレクトショップ〈コスメキッチン〉や伊勢丹地下2Fの〈ビューティーアポセカリー〉などでも取り扱っている、いま話題のCBD(シービーディー)オイル。ナチュラル&オーガニック系のコスメが好きな方なら、一度は耳にしたことがある、その“CBD”という単語。日本ではまだまだ認知度が低いながらも、じわじわと生活に取り入れている人も増えてきており、世界では医療として取り入れている国もあるほど、新しい医療利用の可能性のある注目の植物成分なんです。

なかなか利用法や効能が分かりづらいCBDについて、相談しながら購入できるお店が、健“幸”社会を目指した街づくりを推進する「ウェルネスシティ」を掲げる鎌倉市にオープンしました。CBDのパイオニアとして知られるデンマーク発CBDブランド《ENDOCA(エンドカ)》のフラッグシップショップです。

早速、どんなお店なのか編集部が訪ねてきました!

CBDのパイオニア〈ENDOCA〉とは?

ヘンプやリネンの栽培が盛んな一部のヨーロッパの地域では、CBDの研究が進んでいます。ENDOCAは、そんなヨーロッパの一国デンマークで、元々科学者でもある創業者・Henry Vincenty (ヘンリー・ヴィンセンティ)によって2010年代からスタートしたブランド。日本では2019年に上陸しました。多数のCBDオイルブランドがある中でも、医療品レベルの品質とオーガニック農法で良質なCBDオイルを生産するENDOCAは、信頼のおけるブランドとして支持されています。

そもそもCBDって何?

CBDとは、カンナビジオールの略語。ヘンプに含まれる主要成分の1つで、1940年に化学者ロジャー・アダムスによって発見された成分なんだそう。その後、生命科学や医療分野における可能性が見込まれ、現在でも世界中で研究が進んでいます。

その中には100種類以上のカンナビノイドと言われる活性物質が含まれており、その中でも世界的な注目を集めているのがこのCBDという成分なんです。

科学的な話になるので、とても説明が難しいのですが……。要は、人間が本来もっている身体調節機能があり、その一つがエンドカンナビノイドシステムというのですが、ストレスなど何らかの外的要因によって体内のカンナビノイドという成分が減少すると、なんだか調子が悪くなったり、気分の浮き沈みがあったり、など不調が生じてしまうそうなんです。そこで、CBDを使ったオイルなどの製品を摂取することで、植物の力が心身のバランスをととのえる、という仕組みなんだとか。かなり大雑把な説明で、???と思うので、ぜひ詳しいお話はお店で専門のスタッフさんに聞いてみてください!

自分にピッタリのCBD製品に出会える

ところで、どんな時にどんな風に使うの? という方も多いと思います。先述した通り、なんだか不調を感じたとき(なんか調子悪いことって、一日の中で何度もありませんか⁈)、CBDオイル(小瓶に入った液体で、スポイトで何滴か口に含んで摂取する食用オイル)を口にしてみたり、なんか寝つきが悪いときCBDオイルが入ったカプセルを飲んだり、肩こりや目の疲れを感じるときは、CBDオイル配合のシアバターを体に塗ってみたり。不調に合わせて自由な使い方ができるのが、CBDオイルの魅力です。植物由来なので、安心して摂取できるのも、支持されている理由の一つでもあります。

まずは、お店で専門のスタッフさんに日頃の不調や心身の困りごとを相談しながら、自分にピッタリのアイテムを選んでみてください。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ