2022 Aug 19 Fri

シオタのファティーグパンツなど、タフなだけじゃないミリタリーパンツ3選

RE STANDARD スタンダードを見直そう 第19回 変わらず愛したい定番は、変わりゆく中でこそ見えてくるもの。暮らしに起こった大きな変化も、今ではスタンダードになりつつあります。これまで大切にしてきたものの良さを再確認し、これからを一緒に過ごすものを見極める。今、もう一度じっくりと定番を見つめ直してみませんか? 連載一覧はこちら

色々あろうと日々身につけるものこそ、気兼ねなくはけるお気に入りがいい。デイリーなパンツに改めて指名したいのは、ミリタリー&ワーク由来のアイテム。なにしろ丈夫で実用的。肩肘張らないおしゃれにも、いい仕事をしてくれますよ。

CIOTA
シオタのスビンコットン ウェザージャングル ファティーグパンツ

スビンコットンの美しい光沢に惚れ惚れ
シオタのスビンコットンウェザージャングルファティーグパンツ
3万1900円(シオタ)

高温多湿な地域を想定した、米軍のジャングルファティーグパンツがベース。無骨なミリタリーパンツも、スビンコットンの光沢で上品な印象に。タフでありながらしなやかなはき心地もたまらない。

シオタ
カーゴパンツは荷物を携行するマチ付きのサイドポケットが目印。普段着のポケットとしても便利だから、カバンいらずに出掛けられる!?

そもそもは貨物船乗組員の作業着

両脇に大きなポケットが付いたカーゴパンツ。名前の通り、そもそもは貨物船の乗組員がはいていたものだった。1942年に米軍でカーゴポケット付きパンツが採用され、それから各国の軍パンでもおなじみとなった。

caqu
サキュウのクラシックベイカー

硬派なミリタリー顔にも
名作シルエットが相性抜群
サキュウのクラシックベイカー
1万9800円(サキュウ ルームストア〈タンデム〉)

サキュウの定番、モダンクラシックデニムと同じシルエットで作られたベイカーパンツ。ハイライズのワイドテーパードとフロントポケットが相性よく、脚がスラリと見える美脚効果も!

サキュウ
ベイカーパンツは前身のシンプルなマチなしのパッチポケットがアイコン。この形が食パンに見えるためベイカーの名が広まった説も……。

実際のところパン職人は、はいてない!?

ベイカー(パン屋)の呼称から、パン職人がはいたともいわれるベイカーパンツ。ただし、米軍での正式名は作業用を意味するユーティリティパンツ。米国ではベイカーと呼ぶことはなく、単にミリタリー由来が正しいのかも。

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ