2019 Nov 20 Wed

裏から叩いて!正しいシミの抜き方

Lala Begin ONLINE

オトナの服好きが覚えておきたい26のこと「正しいシミの抜き方を心得ておく」

ランチは毎日パスタ!という小麦粉女子でなくても、現代人の生活とシミは切っても切れない関係です。人間、誰でも失敗しますから、ついちゃったものはしょうがない。でも、間違った対応をすると炎上しちゃいます。

ついつい上からこすったり、ジャブジャブ洗ってしまいがちだけど、「汚れた面にタオルをあて、その裏側から叩いて落とす」のが正しいリスク管理。

シミを裏から、そして外周から中心に向かってハブラシなどで叩き、汚れをタオルの方に移すって寸法。

これで私、失敗しないので! ちなみにシミには水性(水溶性)のものと油性のものがあります。前者は基本的に水洗い。後者はシミ抜き剤を使うといいですよ。

シミは「裏から叩いて落とす」が正解!

○マル 裏から叩いて落とす

×バツ シミを上からこすったりするのは逆効果!

シミは大きく分けて2種類

油 性
ファンデーション、口紅、チョコレート、ボールペン

水 性
コーヒー、血液、ワイン、醤油

水溶性のシミ=水に溶けるので、上の要領で叩くときに適量の水分、必要に応じて洗剤を使用。ちなみに血液はお湯を使うと凝固してしまうのでNG。油性のシミは洗剤か、専用のシミ抜き剤に頼った方がキレイに落ちます。

シミ抜き剤の力に頼るならコレ!

RE:KORO
りころのシミ抜き剤

「食べこぼし汚れ」「メイク、油汚れ」「血液汚れ」用の3つの洗剤と、叩き用の専用ブラシのセット。小洒落たブリキ缶入り。3500円(木村石鹸)

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2018年8-9月号の記事を再構成]写真/久保田彩子 武蔵俊介 文/仁田ときこ 浅井ゆみ香 礒村真介 児玉志穂 渡辺 愛

Share

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ