2022 Dec 07 Wed
DGS DAN-TEN

【メンテナンス講座】たった15分で見違える⁈ 靴磨き職人が教える革財布ケアの極意

基本のケア手順〜ブッテーロ編〜

ブッテーロ

イタリア産の植物性タンニンでなめした牛革。この財布に使用されているブッテーロは、Munekawa独自のオリジナル加工が施されていてとても丈夫。

冨樫 ケア方法については、先ほどのフレンチカーフとさほど違いません。強いていうなら、この財布は折りたたみ式なので、窪みにホコリがたまりやすいということですね。

掻き出すような感じで馬毛のブラシをかけてください。あっ……お金が入っていましたね(笑)。

編集部 お恥ずかしい(照)。

冨樫 全体的にいい味が出ていますね。ただし、革が乾燥しているようです。せっかくなのでリムーバーで汚れを落として、タンニンなめし用の市販クリームを塗っていきましょう。

指先にちょんとつける程度の量でOKです。前出のフレンチカーフと同様に塗り込み、乾燥度合いによって、微調整してみてください。手で塗ってあげたほうが、なじみやすくていいですよ。最後に、豚毛のブラシをかけましょう。

次は、先ほど塗ったクリームを乾燥させないためのひと工夫を。光沢を出す成分と脂だけでできたワックスでコーティングしていきます。綺麗な艶を取り戻していきましょう。僕は、このワックスをシューケアのときにもよく使いますね。

編集部 すごい綺麗になっていきますね!

冨樫 もともとの革がすごくいいのだと思います。最後もフレンチカーフと同じに。豚毛のブラシでなじませ乾拭きしたら、ケア終了です!

編集部 ありがとうございます。それでは、最後にブライドルレザーのケア方法についてご教授ください!

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 2
3
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ