2022 Dec 01 Thu
DGS DAN-TEN

時代を超えて愛され続けるヨーロッパ&アメリカ製の傑作文具7選

日本の名文具たち 第6回 「ガラパゴスケータイ」なんて言葉もありましたが、日本の文具も独自の進化を遂げています。というのも、欧米でタイプライターが打たれていた時代も、日本では手書きが主流。そんな歴史が土台にありつつ、手先が器用で、海外の技術を応用したり、アイディアに長けているという国民性を活かした文具が作られてきました。
だから日本の文具は、生活を支える実用品として、質実剛健な名品ぞろい。当たり前のように使っているその文具にも、じつは深い歴史が詰まっています。

ヨーロッパの老舗文具ブランド

時を超え、今でも世界中で愛され続ける老舗揃いです。デザイン性と使いやすさを兼ね備えた、おなじみの文具たちも、ヨーロッパで生まれていました。

【1670】HERBIN(エルバン):フランス

HERBIN エルバンのトラディショナルインク ヴィオレパンセ

スミレ色のインクは小学校の指定色

エルバンのスミレ色は第三共和政の時代から1966年までフランス全土の小学校で指定色だった。トラディショナルインク ヴィオレパンセ1400円、ブラウゼのペン軸・ペン 先3本セット1800円(以上クオバディス・ジャパン)

【1835】STAEDTLER(ステッドラー):ドイツ

STAEDTLER ステッドラー 製図用シャープペンシル 製図用高級鉛筆

現存する世界最古の「鉛筆製造者」

軸がブレにくく、均一な線が書けるなめらかな書き味は筆記用としても人気。製図用シャープペンシル925 35オールブラック1500円、マルス ルモグラフ 製図用高級鉛筆 各160円(以上ステッドラー 日本)

【1855】STABILO(スタビロ):ドイツ

STABILO スタビロ ボス オリジナル

世界で最も売れている蛍光ペン

160年以上の歴史を持つスタビロの代表商品は、1971年に誕生した世界初の蛍光ペン。その人気の秘密は鮮やかな発色と持ちやすい平らなボディにあり。ボス オリジナル200円(マークス)

【1930】LAMY(ラミー):ドイツ

LAMY ラミー サファリ万年筆

シンプルで機能的なデザインが特長。80年代に誕生したサファリは、軽くて丈夫なボディや鮮やかなカラーが人気で、欧州の小学生2人に1人が愛用とか。サファリ万年筆4000円(ラミーニュウマン横浜店)

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ