2019 Dec 12 Thu

今はきたいのはクリーンなデニム!爽やかな青のデニム4選

Lala Begin ONLINE

やっぱり青が好き・・・色に溢れ、どんな色だって好きに選べる時代ですが、青ってじつは、私たちの最も身近にある色かも? デニムやシャツの定番色だし、ジャパン・ブルーって言われるくらい日本人とは縁が深い。ここらで一度、青を見つめ直し、好きな理由を掘ってみようと思います。

やっぱり青が好き第3回(全9回)「デニムが好き!」

みんな、土臭い青ではなく、爽やかな青を目指してる

今はきたいのはクリーンなデニム

本来デニムは労働者のためにつくられた服だから、古いものだと色あせていたりダメージがあったりと、ちょっと土くさい。それも魅力ではあるんですが、今、デニムの作り手たちが目指しているのは断然、クリーンなインディゴデニムなんです。

例えばサキュウ(上)のような、ごく自然なインディゴデニムはその代表格。摩擦によるアタリ(経年変化による色落ち)を楽しむデニムであれば硫化染料で地染めを施すところ、はき続けてもクリーンな青のままであるために、あえて硫化染料の力を借りずに染めるというこだわり。透明感のある澄みきった青は、デニムスタイルでも爽やかに決まるんです。

爽やかデニムの作り手に聞いた“青”の主張

CAQU(右)
インディゴ本来の爽やかな青み
鶴丸直樹さん(デザイナー)

マリリン・モンローをイメージした深ばきデニムは「硫化染料による色調整をせず、季節の気温変化で起こる色ブレは職人技でコントロール。インディゴ本来の爽やかな青、手染めに限りなく近い青に仕上げました」サキュウのデニム「アンティークデニム/モダンクラシック」2万円(サキュウ ルームストア)

SERGE DE BLEU(中・右)
ムラの少ないクリーンなフレンチブルー

森 光弘さん(デザイナー)

ヴィンテージ調のモダンなデニムが評判のこちら。「オーガーニック綿を使い深みのあるきれいなディープブルーを表現。イメージは古き良きフレンチデニムです。花のフラワーオイルに漬けた優しい肌触りも自慢」サージのデニム「ドライ スタプレ」18500円(ショールーム セッション) 

HOLLYWOOD RANCH MARKET(中・左)
草木染めを組み合わせた自然なブルー

神成竜太さん(聖林公司プレス)

デニム好きな男性も一目置く発色。「タテ糸は昔ながらのロープ染色によるインディゴ色、ヨコ糸はタンニンや草木で染めた自然な生成り色。この組み合わせにより、深みのある青と通なアタリの両方楽しめます」ハリウッドランチマーケットのデニム「PP4XXⅡ」18000円(ハリウッドランチ マーケット)

HYSTERIC GLAMOUR(左)
60年代の彩度のいいブルー

山神憲靭さん(ディレクター)

目指したのは1960年代の傑作デニム。「ロープ染色の回数を調整し、当時の濃すぎず薄すぎない彩度のいいオールドブルーを色落ちした状態で再現。あえてレーザーでリアルに再現したヒゲやアタリも見所です」ヒステリックグラマーのデニム「SP加工ストレッチデニム スリムパンツ」26000円(ヒステリックグラマー)

Blue dictionary.
Indigo【合成インディゴ】

希少な天然インディゴに代わるものとして、19世紀末にドイツで生まれた合成染料。鮮やかな藍色で染めムラがなく均等に美しく染まる。インディゴを大量生産できるようになり、ほとんどのデニムが合成インディゴで染められるようになった。濃くしたり、色ブレを抑えたりするときは、硫化染めとの合わせ技で染色することもある。

[LaLa Begin2018年8-9月号の記事を再構成]写真 池本史彦 PYRTE FILMS / 竹内一将 STUH 文 間中美希子/ 灰岡美紗 スタイリング 長坂磨莉 

Share

Pick up

関連特集・連載

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ