2021 Jan 22 Fri

スツールを使って“ブックヌック”を作れば、そこがあなたの書斎です

わがままなモノ選び 第17回 「日常着」と「日用品」は他の誰よりも自分の気持ちに正直になって、健やかに、楽しく選びたい。連載一覧はこちら

スペースがなくても書斎がほしい

ヌックとは、スコットランド語でこぢんまりした快適な場の意。

「ゆっくり本が読める書斎がほしいなぁ」なんて思いつつも、なかなか難しいのが現実ですよね。

ヌック
バトナー×ララビギンのエルボーパッチ付きシグネチャーニット2万4000円、中に着たレリル×ララビギンのレイヤード上手なパックT 1万1300円(以上ララビギン ドライグッズストア) ピカデリーのパンツ1万2800円(グーニー PR) タイメックスのオリジナルキャンパー8000円(ウエニ貿易) ワンスリー コンパウンド フレームの眼鏡3万4000円(デュアル) ラッキーソックスのソックス2000円(ラッキーソックス)

それなら、スタッキングできるスツールを運んで、家のすみっこに自分の“ヌック”をつくりましょ。

これさえあれば、料理の合間のキッチンでさえ、いつでも書斎に早変わりです。

&NE
アンドエヌイーのスタッキングスツール

アンドエヌイーのスタッキングスツール

場所を取らないサイジングとシンプルなフォルムで、使いたいスペースにサッと持ち運べるハンドル付きスツール。スタッキングできるのでゲスト用に数脚用意しておくのも良し。W35×H45×D35cm。3480円(アンドエヌイー)

登場するお酒を飲みながら読みたい本4選

夜更かし必至の名作はお酒とともに
本
(すべてスタッフ私物)

『ウエハースの椅子』(著 江國香織)

妻子ある人と不倫する女性の絶望と喜びを描いた物語。恋の終わりを予感させる美しいジントニックの描写が印象的。

 

『夜は短し歩けよ乙女』(著 森見登美彦)

40度というアルコール度数を誇る電気ブランの“偽物”が登場。おなかが花畑になる魅惑の味だとか。

 

『ダンス・ダンス・ダンス』(著 村上春樹)

真っ昼間のワイキキビーチでピナ・コラーダを飲むシーンに、思わずハワイへ脳内トリップ!

 

『長いお別れ』(著 レイモンド・チャンドラー)

「ギムレットには早すぎる」という名言を生んだハードボイルド小説。バーでの別れ際にぜひ!?

わがままなモノ選び

わがままなモノ選び

普通の日に着る「日常着」は気兼ねなく着られて、満足度が高いものがいいし、毎日繰り返し使う「日用品」は実用性はもちろん、気分が上がるものがいい。「日常着」と「日用品」は他の誰よりも自分の気持ちに正直になって、健やかに、楽しく選びたい。そんな“わがままなモノ選び”こそ、何より賢く正しいはずって思います。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin 2020-21年 12-1月号の記事を再構成]写真/小野田陽一 伏見早織 文/仁田ときこ 丸山亜紀 渡辺 愛 コマバリョウイチ スタイリング/新田アキ 佐々木 誠 ヘアメイク/村上 綾 モデル/コリュ イラストレーター/イオクサツキ 岡田みそ ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

MORE

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ