2018 Dec 15 Sat

無印良品の名品ソックス。直角のかかと、そのわけは?

無印良品の糸の話 大人になると、肌に触れるものや縁の下の力持ち的なアイテムもきちんと吟味したい……。そう考えてたどりついた答えは、糸にまつわる物語でした。もの選びが楽しくなる〝糸偏〟の話を聞いてくれますか?

チェコのおばあちゃんから学んだズレない直角編み

オーガニックコットン混足なり直角 口ゴムなし靴下325円、ヤク入りウール畦編みボトルネックセーター5547円、オーガニックコットン縦横ストレッチチノワイドパンツ3695円(以上無印良品 池袋西武)その他スタイリスト私物

糸、縫い目、と続いて最後は「編み」の話。実はこの「足なり直角靴下」、チェコからはじまった物語なんです。

無印良品がチェコのおばあちゃんが編んだ靴下に出会ったのは、12年前のことでした。寒さが厳しい環境でおばあちゃんが編んでいたのは、かかとの形と同じ「直角」に編んだ90度の靴下。

はいてびっくり、かかとがすっぽり収まり動いてもズレない。この心地よさを伝えるため、手編みで作っていた直角を機械編みでも再現できるように開発。

今ではメンズやキッズも展開し、定番に定番を重ねた人気商品になったのです。

はじまりは遠い異国の地、中欧のチェコで出会ったルジェナおばあちゃんが独自のレシピで編んだ、ハンドメイドの靴下でした。

足なり直角口ゴムなし靴下

チェコのおばあちゃんからヒントを得て2006年に発売し、無印良品の定番商品となった「足なり直角靴下」シリーズ。いまではすべての靴下が直角に。325円

POINT1 自然に沿ってズレない

足の形に沿うように編み立てられているので、動きにより生地がたるんだりズレたりする心配や、締めつけ感が少ない。

POINT2 すっぽりおさまるかかと

実は、かかと部分の「90度」って人の足として一番自然な角度なんだそう。はいた時の絶妙なフィット感は素晴らしく、感動もの!

POIN3 ゴムの跡にさよなら

はき口部分にゴムがないので、長時間はいても跡が肌に残りにくいんです。綿混素材で、優しくスムーズな肌触りも嬉しい。

無印良品

無印良品 池袋西武 ☎03-3989-1171 
www.muji.com

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2018-2019年12-1月号の記事を再構成]写真/上原朋也 文/児玉志穂 スタイリング/長坂磨莉 ヘアメイク/岩田美香(モッズヘア) モデル/満島みなみ イラスト/板羽 萌

Share

もっと読みたいあなたに

関連特集・連載

LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ