2020 Dec 05 Sat

「本気の革靴」を持っておくなら、ジョセフ チーニーが間違いない

足元からスタイリングを格上げしてくれ、履くたびに自分の足になじんでくれる本格革靴はいかが?

英国の職人らが伝統的な縫製で作ってきた「本気の革靴」を生み出し続けているJOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)。主に紳士靴がブランドの定番ですが、女性向けのシューズ展開も行っていること、ご存じでした?

本格製法にこだわって作られたチーニーなら、一生ものの革靴になること間違いなし。履いた瞬間に「やっぱり本物の革靴はちがう……」と納得してもらえること請け合いです。

ジョセフ チーニーは1886年にジョセフ・チーニー氏により、イギリスのノーサンプトン州デスバラーで創業したブランド。

2009年からは同じくノーサンプトンにおける靴作りの名門チャーチ創業家が経営者となり、世界中で有名なシューズブランドへと成長を遂げてきました。現在に至るまでの130年間、履く人の心を鷲掴みにして離しません。

ノーサンプトン州といえば、「英国靴の聖地」。豊富に革材が得られる土地だったため、1600年代から革靴が作られていたという歴史があります。
英国を代表する多くの高級靴メーカーが、産業革命が起こった19世紀にこの地で誕生しました。その背景には、農業以外の仕事をする人が増え、靴の需要が急速に高まったことが影響しています。1812年にはノーサンプトンの人口の3人に1人は靴工場で働いているような状況にまでなっていたそう。

今でも、世界中の靴好きの人たちが、本格的な靴の作り方を学ぶためにノーサンプトンを訪れるそうですよ!

>>詳細はこちら

1足に160工程以上、約8週間かけて作られます

いまや多くのシューメーカーが生産の一部を外注工場に頼んでいることが多いのですが、チーニーはレザーのカッティングから最後の仕上げであるファイナルポリッシュまで、靴製造に必要なすべての工程をノーサンプトンの自社工場で一貫して行っているんです。この“PURELY MADE IN ENGLAND”を貫いている点が、本格革靴ブランドの巨匠である由縁です。

高いスキルを持つ職人らが、最低でも160もの工程数を踏みながら、8週間もの時間をかけてようやく1足が完成! それほどまでに時間と愛情をかけて、一つずつ丁寧に生み出されている、いわば芸術品なのです。

詳細はこちら

英国内にとどまることなく、世界中で評判です

誕生から継続して行われきた安定した生産体制、幅広いデザインバリエーション、原材料へのこだわりや高いコストパフォーマンス。それらが評価され、チーニーは多くの著名ブランドやショップからの生産を請け負うまでに成長! ロンドンの主要箇所には必ずといっていいほどチーニーの直営店があります。名靴ブランドが軒を連ねるジャーミンストリートや、若者が多く集まるコペントガーデンなど、イギリス国内だけで11店舗も! 英国人が履くだけではなく、世界中へ輸出販売され、世界的に愛される名ブランドとなりました。

その実績がたたえられ、1966年、1971年、2016年の3度にわたり、英国王室より“Queen’s Award to Industry for export”を受賞した経験も持ちます。

ソールを替えられるので、長く愛用できる

英国人には、「ものを長く愛用する」という価値観があります。それは靴に対しても同じで、修繕を繰り返しながら長く履くことへの美徳があるのです。

チーニーは、設立当初より伝統的な「グッドイヤーウェルト製法」を採用。この製法で作られた靴は丈夫で、履き続けることによって、だんだん自分の足になじんでくることで有名です。

靴のアッパーとソール部分の間に、ウェルトと呼ばれる細い帯状の一枚革を挟んで接合することにより、ソール交換を簡単に行えるのがポイント。靴が傷んできても、アッパーはそのままでソールのみ交換ができ、長く愛用できる点が素敵です。ここに英国人のフィロソフィーが詰まっています。

使い続けることによって経年変化を楽しむことができ、モノへの想いも満たすことができる。英国靴はそんなパワーを秘めています。

ボーイな女に必要な3モデルを覚えておこう

チーニーのレディスモデルにはいろんなデザインがありますが、長く付き合える定番デザインの3足をご紹介します。

MILLY(ミリー)は、内羽根式ウィングチップシューズ。トラッドからモードまで幅広い着こなしに活躍するブランドの王道アイテムです。

存在感があるクラシックな飾り穴は、全体的に上品な印象に。幅は広すぎず狭すぎずのフィット感。つま先の捨て寸が多めにとられているので、すっきりと細めでスタイリッシュな印象に。

JOSEPH CHEANEY  MILLY(ミリー)
6万3000円 >>詳細はこちら

BONNIE(ボニー)は、ウィメンズで人気の高いコインローファー。トラッドスタイルにはローファーがよく合いますよね。カジュアルな服装にはもちろん、オフィススタイルにもハマるので、幅広いスタイリングで活躍します。

JOSEPH CHEANEY  BONNIE(ボニー)
6万3000円 >>詳細はこちら

LORA(ローラ)は、どんな場面でも活躍してくれるプレーントゥシューズ。マニッシュなスタイルにもってこいの1足です。
スタイリッシュで飽きのこないデザインなので、5年後も10年先もずっと愛用できます。

JOSEPH CHEANEY  LORA(ローラ)
6万3000円 >>詳細はこちら

いつかほしいは卒業しよう

英国伝統のジョセフ チーニーの革靴はいかがでしたか? 「長く付き合える本格靴、いつかほしいな……」という憧れがある方も多いのでは? そのいつかは卒業して、チーニーの革靴を、英国人に倣って「長く一緒に歩んでいく相棒靴」として迎え入れてみませんか?

ジョセフ チーニー

ブリティッシュメイド 銀座店
電話 03-6263-9955

URL https://www.british-made.jp/c/brands/cheaney/cheaney-women

Instagram @british_made@cheaney.jp

※表示価格は税抜き

Share

Pick up

Daily Horoscope

MORE

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ