2021 Dec 05 Sun
ルボンボン LP

暮らすように旅するホテル。京都の〈nol kyoto sanjo〉に編集部員が泊まってみた!

ボーイな女のやってみたいこと、ほしいもの・・・人気ブランドや旬なショップのニューアイテムなど、ボーイな女がおさえておきたい最新情報をお届けします!

京都に移住?!気分になれるホテル誕生

東京から新幹線で2時間ちょっとの京都は、週末旅にちょうどいい距離で、気軽に遊びに行きたくなりますよね。せっかくなら、京都の人々が愛する食やスポットをゆっくりまわる“通”な旅がしたい! そんな大人の旅の拠点にぴったりなホテル《nol kyoto sanjo(ノル キョウト サンジョウ)》がこの秋11月1日にオープン。

11月の週末、編集部員が実際に同ホテルを拠点に旅した「京都のローカル」の味わい方をレポートします!

アクセス良好なベストロケーション

https://www.nolhotels.com/kyoto-sanjo/sightseeing/

地下鉄烏丸線の烏丸御池駅から徒歩5分ほどの京都三条に位置し、周辺には話題の《エースホテル京都》や、老舗の喫茶店《イノダコーヒー本店》《スマート珈琲》《六曜社》、京の台所《錦市場》などがあります。

名勝にアクセスしやすい中心地なので、ローカルな名店をはしごするのに最適のローケーション! まずはホテルへ直行し、荷物を預けて1日目から旅を充実させられますよ!

京らしさに浸れる町家建築

ホテルの建物は、京都中京区で創業し、現在は京都・伏見にある日本酒造キンシ正宗の販売所として使われていた約築100年の町家を改修したもの。ホテルに足を踏み入れた瞬間から、町家の醸す雰囲気に京都のお宅にお邪魔したような気分に。

癒しのエントランス・ラウンジ

ホテルのエントランスでは、数時間の旅で疲れた身体にやさしい、落ち着いた暗めの照明がお出迎え。この照明は、数々の名ホテルの照明デザインを手がけてきた田中圭吾氏によるもので、“日本の伝統的な光のあり方を現代的に再構築”をコンセプトに、京都で大切にされている陰影を表現しています。

旅の休憩スポットとしても大活躍

ホテルを拠点に徒歩や自転車で京都の観光スポットをまわったり、ホテルのエントランスにある「町家ラウンジ」を休憩スポットとしても活用するのも◎。町家ラウンジでは、ホテルのスタッフによる厳選した地元の美味しい飲み物とお菓子が自由に楽しめるという、なんとも有り難いサービスが。

飲み物は、地元のスペシャリティーコーヒー《Unir(ウニール)》や、《キンシ正宗》の日本酒、ソフトドリンク。お菓子は京都で古くから愛される駄菓子を詰め合わせたものが用意されています。京のローカルをここでも味わうことができるなんて、なんて気が効いているんでしょう……。スタッフの方々の心遣いに感激です。

日本酒造キンシ正宗の日本酒を自由にテイスティング

コーヒーはお出かけ前にテイクアウトすることも

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ