2020 Dec 06 Sun

【シンゾーン・染谷さんに聞く】次なる1本「トムボーイパンツ」はこうして生まれた

服欲の秋、買いもの攻略法 第15回 気になる服が大豊作な秋到来。この秋は何を買うべき? どのように買えばいいの? 連載一覧はこちら

古着のワークウェアに“ありそうでない”デザインを追求しています

シンゾーン デザイナー染谷真太郎さん

染谷真太郎さん

デニムをはじめとしたワーク系パンツに定評のあるシンゾーンですが、今季は大ヒットしたスケーターパンツの次なる1本として、“トムボーイパンツ”を提案しています。

「素材はスケーターパンツと同じコットンポリエステル。家で洗っても色落ちせず、縮まない。トムボーイという名の通り、おてんばなイメージです。今の気分的にも、自由さや開放的な要素を表現したかったんです」

シンゾーン
古着ではここまでウエストの細いものは見つからない。古着に造詣の深い染谷さんだからこのシルエットです。1万8000円(シンゾーン 表参道店)

デザインベースとなったのはもちろん古着のワークパンツ。

「深く取ったツータックで新鮮に。ハイウエストでワークパンツ、がシンゾーンらしさです。スタイルがよく見えるのも絶対。古着は好きだけど、着たときにシルエットが微妙なものが多いのも事実。そこを補正してブラッシュアップするのが、シンゾーンのものづくりかなと思っています」

SHINZONE

“デニムに似合う上品なカジュアル”がコンセプト。パンツのシルエットにファンが多く、理想のシルエットになるまでシビアにパターンを推敲。

服欲の秋、買いもの攻略法

服欲の秋、買いもの攻略法

気になる服が大豊作な秋到来。とはいえ、「本当に必要なものだけ、賢く買いものしたい!」というのも本音。この秋は何を買うべき? どのように買えばいいの?それなら、シミュレーションRPGで少しずつ装備を揃えていくように、計画的に進めましょ。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2020年10-11月号の記事を再構成]写真/上原朋也 伏見早織 武蔵俊介 文/間中美希子 渡辺愛 桐田政隆 小林万桜 スタイリング/新田アキ ヘアメイク/村上 綾 モデル/リー・モモカ イラスト/fancomi ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

MORE

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ