2020 Oct 25 Sun

【WAREHOUSE】ヴィンテージライク、だけどすっきり“ジャスト丈”なデニム&チノパン

ボーイな女の相棒は、やっぱりデニムとチノパン!

世にパンツは多々あれど、ボーイな女のベーシックは結局デニムとチノパン。

しかし、自分にジャストな一本を見つけるべくお店や古着屋さんを巡ってみても、シルエット、サイズ、丈感、どれもなかなかしっくりくるものに出会えない……なんてのはよくある話ですよね。

お店に行くよりも簡単に、そして確実に、胸を張って“ジャスト”ではけるデニム&チノパンをゲットしたい……!とわがままなお悩みを持っている方々には、ララビギンとWAREHOUSE(ウエアハウス)が手を組んだ“ジャスト丈”シリーズが最適解!

普段レディースサイズを作っていない同ブランドですが、特別頼み込んで「ボーイな女がはくならこれ!」という一本を作ってもらいました!

隅々まで味わいたっぷりのヴィンテージ加工がたまらない!
ボーイな女・専用ジーンズ

まずはデニムから。どーです、この圧倒的なオーラ!

ユーズド感たっぷりの風合い爽やかなブルーも、新色の「濃いめ」も、どちらも鮮やかな縦落ち。ジーンズ黎明期の時代背景から、糸、生地、縫製、そして洗い加工にいたるまで、徹底的に研究するウエアハウスだからこそ為せる業です。

素材にはアメリカ南部産の綿を使用しており、旧式の力織機の中でも特に古い「G-3」という織機で生地を織るなど、本当に一から当時のデニムを完全に再現してるってわけ。

実際にはいてみるとこの通り、裾上げ要らずのジャスト丈。

先細のテーパードかつ、少し前身にゆとりがあるおかげでO脚を軽減してくれる効果もあります。肝心の後ろ姿はゆとりをもたせつつも決してお尻ボーンにはならないよう、ヒップ周りから脚のラインまで、ボーイッシュなシルエットにこだわられています! 

ちなみに、ショートは単純に丈をカットしたのではなく、レングスに合わせて先細パターンを取り直してシルエットを調整しているんですよ。

裏返すと「ハチノス」と呼ばれる膝裏の色落ちに、今ではあまり見なくなった「紙パッチ」、ロールアップしたときに見える「赤耳」まで、わかる人にはわかるヴィンテージデニム特有のディテールが満載。この味わいたっぷりのヴィンテージ感が、シンプルなコーデにもしっかりとコクを出してくれます。

今の時期だと、ステンカラーコートや白シャツと合わせても大人っぽく着こなせますね。

WAREHOUSE(ウエアハウス) LaLa Begin別注ボーイジーンズ
2万3100円(税込) >>詳細を見る

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ