2022 Jan 21 Fri
会員限定セール

ひと手間でコーデが見違える!メンズの仕上げテクニックを5つ覚えよう

おしゃれは細部に宿るから……

衿元に足元、ちょっとした小物使い。メンズのおしゃれって、よーく眺めてみると、実は細かいところまで気が利いてますよね。それを実際に取り入れてみようっていう企画です。ほんのひと手間だけど、ぐっと見違えるからぜひお試しを。スタイリスト長坂磨莉さんのアドバイスつき!

1.ニットのネックにひそませたちらり白Tで差がつく

クルーネックニットの衿元から白Tをのぞかせて、色の視覚効果を狙ったワザ。ニットが暗い色の場合は顔周りが重くならず、ニットが明るい色の場合、甘さが控えめになってバランスがよくなります。「Tシャツのネックはサイドだけ見えるくらいがつまりすぎず、女性らしさも残るのでおすすめです」

パンツのポケットからのぞく数センチが大事

男性のやんちゃ心がチラ見えするのが、パンツのポケットのバンダナ。「普段シックなだけに小物で遊ぶ男性、多いですよね」。派手柄もチラ見えだから、ちょうどいいポイントに。「写真のコーディネートはアナトミカの店員さんが豆絞りでやっていたのを見てマネしました。てぬぐいなら柄も豊富で個性を出せますね」

紳士的ボーイのソックスは「厚手・太リブ・たるませ」

パンツに革靴ときたら、紳士なボーイをモデルに。投入すべしは、厚手&太リブのソックスです。「革靴にきちんと感があるので、靴下で表情を出すのがおすすめです。男の子ってパックに10足入り、みたいなソックスをくしゅっとはいていますよね。そこから着想を得ました」

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ