2020 Oct 25 Sun

【軍モノ入門編】オフィサーパンツや革靴で“ほんのりミリタリー”を目指そう!

ボーイな女こそ、ミリタリーアイテムは使い方が肝心!

一点投入するだけで男前な雰囲気に仕上げてくれる軍モノ。ボーイな女にとってはかなりありがたい存在なのですが、いくら相性が良いからといってやりすぎは禁物。ただでさえボーイッシュなコーデなんですから、あまり一辺倒すぎるとただのボーイになってしまいかねません。

となると目指すべきは“ほんのりミリタリー”ぐらいがちょうどいい。「これが軍モノ!?」って見かけだけど、ちゃんとルーツもあって“分かってる感”も出せる、一石二鳥なミリタリーアイテムを集めました。軍モノ特有のいかつい雰囲気が苦手な方も、入門編にぜひ!

仕事も休日も毎日はける! 軍のエリートが愛したパンツ!?

 

 

「休まず働くパンツ」として巷で大ヒット中の、シカゴの老舗ワークウェアブランド・UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)のオフィサーパンツ。

“オフィサー”とは、もともと士官や将校という意味。軍のエリートに向けたパンツだけあって、ミリタリーパンツの中でもフォーマルな部類に入ります。センタークリース入りのきれい目な印象とワークウェア本来のカジュアルさのバランスが絶妙で、「仕事・休日問わずはける!」と大評判! ミリタリー由来なのにミリタリー見えしない、今年イチオシのパンツなんです。

米軍のお墨付き! 日常使いできるミルスペックバッグ

 

あまり耳なじみのない言葉かもしれませんが、“ミルスペック規格”というのは米軍用品の調達規格のこと。耐久性や実用性など一定の基準を満たさないと認定されない、言ってみれば米軍のお墨付き。

これだけ聞くとかなりミリタリー色の濃いものをイメージしがちですが、SML(エスエムエル)のバッグは一味違う! ミルスペック規格を満たしていながらも、デザインはあくまでデイリーに使うことを前提としているので、普段使いのバッグとしてガシガシ使えちゃうんです。

英国王室も認めた風格は革靴入門にもおすすめ!

ドレッシーな革靴は、コーディネートの格上げにはもちろんミリタリーの味付けにも一役買ってくれます。英国の老舗・Sanders(サンダース)の革靴なんてまさにそう。英国王室御用達の証である「ロイヤルワラント」を授与された数少ないブランドの一つで、かつては英国軍のサービスシューズを納品していた実績も。革の上に樹脂のコーティングが施された「ポリッシュドレザー」の艶やかな表情がたまりません!

フォーマルな場にも堂々と履いていける、分かる人には分かる革。どんなコーディネートにもなじみ、いつものパンツに合わせるだけでピリッとミリタリーの風味を効かせてくれます。

連載「ボーイな女のスタンダード」

流行に左右されることなく、いつも不思議と手にとってしまう。そんなアイテムがクローゼットに揃っていれば心強いはず! と言うことで、 LaLa Beginのオンラインストア「DRY GOODS STORE」のラインナップから、ボーイな女なら持っておきたい、ずっと使える定番商品をご紹介していきます。

連載目次へ

※掲載内容は配信時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ