2020 Oct 20 Tue

ワインはコップで飲んでもOK! 本場イタリアっぽくこんなコップはいかが?

おいしいコップの研究 第4回 普段なにげなく使っているコップ。この取っ手なしの飲み物用容器の名称はオランダ語が由来。江戸時代から愛され今や多種多様なコップが登場する中で、はたしてどれで飲むのがおいしいのか? 飲み物とコップのおいしい関係について考えてみました。

ワインはワイングラスでなくちゃという“先入観”に捉われていたらもったいない! 気軽なデイリーワインなら、こんな素朴なコップで飲んだっておいしいんです。

おすすめはこんなイタリア流のコップ酒。居酒屋で一杯引っ掛けるとき、イタリア人は水用のコップにワインをなみなみ注いでごくごく飲むそうで、日本酒を湯飲みやコップでラフに飲む日本人と似ていますよね。

トライするならコップワインの定番コップ×イタリアのデイリーワイン、キャンティの組み合わせ。今夜はこれでイタリアに妄想旅行なんていかが?

KIMURA GLASS
木村硝子店のウィーン135

木村硝子店のウィーン135

フィレンツェにあるビステッカの名店で木村硝子店の4代目が虜になったイタリアの隠れ名品。手にしっくりくる小ぶりサイズ、とろりとした飲み口は、ワインが進んでまさに口福。浮遊感のある厚底も美しい。130ml、Φ64×H88mm、460円(木村硝子店ziziストア)

コップワインにはこんなデイリーな一本を

カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ

果実味がストレートに伝わる白ワイン「カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ」750ml、1400円(WINESUKI)

ウッジアーノ・キャンティ・プレステージ

キャンティはがぶ飲みイタリアワインの定番。超お値打ちな赤ワイン「ウッジアーノ・キャンティ・プレステージ」750ml、698円(WINESUKI)

おいしいコップの研究

おいしいコップの研究

普段なにげなく使っているコップ。この取っ手なしの飲み物用容器の名称はオランダ語が由来。江戸時代から愛され今や多種多様なコップが登場する中で、はたしてどれで飲むのがおいしいのか? 飲み物とコップのおいしい関係について考えてみました。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2020年8-9月号の記事を再構成]写真/伏見早織 スタイリング/野崎未菜美 文/間中美希子 協力/UTUWA ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ