2020 Oct 20 Tue

飲み物別にコップを変えてみない? KINTO(キントー)とTHE(ザ)のグラス

おいしいコップの研究 第2回 普段なにげなく使っているコップ。この取っ手なしの飲み物用容器の名称はオランダ語が由来。江戸時代から愛され今や多種多様なコップが登場する中で、はたしてどれで飲むのがおいしいのか? 飲み物とコップのおいしい関係について考えてみました。

同じコーヒーでも、某有名コーヒーチェーンのコップで飲むとおいしく感じる。そんな実験結果があります。コップの見た目が味の印象を左右するのは、飲み物に合ったコップで提供されるホテルやレストランの一杯が、特別おいしく感じるのと似ていますよね。

そんな“演出”を自宅で楽しめるのが、KINTO(キントー)のキャストシリーズ。じっくり味わいたい緑茶用はチビサイズ、ごくごく飲みたいビール用はビッグサイズと、飲み物別に最適サイズがラインナップ。

また、あのカップサイズを忠実に再現したTHE(ザ)もおすすめ。どちらも使ってみれば、吟味された現代のスタンダードといえるコップサイズであることが分かるはず。

KINTO
キントーのキャスト

KINTO キントーのキャスト

用途に応じて使いやすさを考えたキャストは、所作を優美に演出してくれるグラスウェアシリーズ。自然な口当たりもこだわりで、口部の幅約5mmをほんの少し外側に傾けているのがポイント。唇を軽く当てるだけで、適量が適切なスピードで流れ込むようになっている。

いちおしは350ml缶のビールをぴったり注げる、世にも美しいビアグラス。耐熱ガラス製で電子ンジや食洗機もOK。右から350円、450円、500円、600円(以上キントー)

KINTO キントーのキャスト

GREEN TEA 容量:180ml サイズ:Φ75×H70mm

KINTO キントーのキャスト

WATER 容量:250ml サイズ:Φ80×H80mm

KINTO キントーのキャスト

ICED TEA 容量:350ml サイズ:Φ80×H105mm

KINTO キントーのキャスト

BEER 容量:430ml サイズ:Φ85×H120mm

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ