2020 Jun 01 Mon

プチ遭難ガール、山の黒子ガール「残念山ガール」の生態図鑑

Lala Begin ONLINE

ボーイな女のアウトドア入門 シェルやバックパックなど、日頃アウトドアアイテムをけっこう普段使いしているわたしたち。いざ、本格アウトドアというと……?どんな装備で臨んだらいいのか、実はよくわかっていない人も多いはず。紅葉シーズン間近、今こそアウトドアの学び時です!

ボーイな女のアウトドア入門 第1回(全16回)

ボーイな女だったら残念山ガールにはなりたくないよね……

「そこに山があるから」とは、今から約100年前にエベレストの世界初登頂をめざした高名な登山家、ジョージ・マロリー氏の名言です。この言葉からも明らかなように(?)、ヒトは心に自然への憧憬を抱いているもの。

ひと頃の山ガールブームはブームを超えて女子登山としてすっかり定着した感があります。

でもね、学校では教えてくれないからこそ、まだまだ知識不足なヒトが多いのもまた事実。下に挙げるのは実際に山で失敗した諸先輩たちの体験談です。う〜ん残念! 

虫にモテモテ 山の黒子ガール

街でのコーデと同じ感覚でモノトーンで揃えた私。カラフル山ガールの姿には抵抗があって。でも、知りませんでした。黒=クマの色だから、ハチや蚊がたくさん寄ってきちゃうんですよね。ウェアの色に意味あり!ですね。

山でも厄介な バッグジャラ付けガール

一緒に行った初心者の友人が、バックパックをマグカップ、小洒落た⼿ぬぐい、キーホルダーでデコ三昧。でも途中で何度か木の枝に引っかけてしまい、グループの足手まといに……。ええ、私の話じゃなくって友人の話ですよ!

ローテクスニーカー登山で プチ遭難ガール

岩場が多くってただでさえ歩きにくい富士山を、なんとローテクスニーカーで臨むツワモノが。足に負担がかかるせいか足元がおぼつかず、いまにも滑って転ぶんじゃないかと、見ているこちらがヒヤヒヤしてしまいました。

100パーセントコットン 汗冷えガール

靴やカバンにお金をかけると、とりあえず家にあるTシャツを着て行けばいいやと思っちゃうんですよね。でも山の上は気象条件が違います。風が吹けば夏でも寒い。汗を吸ったコットンTなんか着てたら体が冷える冷える(涙)。

100均ポンチョで ずぶ濡れガール

防水シェルは高価だしと100均のポンチョで雨の日のキャンプに参戦。思いのほか雨風が強く、薄うすのポンチョは風に舞ってしまい全身ずぶ濡れ。まわりのキャンプ賢者たちが快適に過ごす様子を見て、惨めになりました。

以上、山で失敗した諸先輩たちの体験談でした。

ボーイな女だったら、ギア好き男子たちのようにアウトドアの基本知識を深めておきたいもの。だって、そこには魅力的な山道具があるから!って、動機がちょっと不純? 

いいえ、山道具のキホンを知れば〝山〞への知識も自然と身につくし、何より正しく使いこなせたらカッコいい。街や家で兼用もできるから便利ですし。

今こそ、道具から入って正しい山知識を身につけましょう。

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2018年10-11月号の記事を再構成]写真/久保田彩子 伏見早織 文/礒村真介 山畑理絵 スタイリング/荻野玲子 白男川清美 ヘアメイク/畑江千穂 モデル/カイノユウ イラスト/ユリコフ・カワヒロ

Share

Pick up

関連特集・連載

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ