2020 Oct 31 Sat

今夏のトップスはボックスシルエットがベストバランスです

SUMMER FAVS ボーイな女の夏の制服心得 第2回 半袖で過ごす時期が年々長くなっている気がするけど、“夏本番”を感じる時期って意外に短い。それならいっそ、好きな服や小物だけで夏の装いを制服化してみたらいいのかも。毎日“マイ一張羅”って、なんだかワクワクするもんです。連載一覧はこちら

トップスは“ボックス”がベストバランス

ワイドな身幅にたっぷりとした五部袖、ウエストにかかるくらいのジャストな着丈。って、聞き飽きました(笑)?

サマになる白Tの条件として掲げてきた“ボックスシルエット”は、夏のトップス全般で、同じく大事にしたいこと。

\身幅がゆったりの太めシルエット/

身幅がゆったりの太めシルエット
写真/山本雄生(LaLa Begin 2018 6・7)※モデル着用アイテムはすべて参考商品

体のラインを拾わず、袖も太めだと二の腕も隠せちゃう。体が泳ぐゆとりがあると、風が通って涼しいんですよね。 着こなしだって密を避けて、風通しいいに越したことないですから。

\INでもOUTでもジャストウエスト/

INでもOUTでもジャストウエスト
写真/星川洋嗣(LaLa Begin 2020 4・5)※モデル着用アイテムはすべて参考商品

さらにジャスト丈ならバランスよく、パンツにもスカートにも合わせやすい。タックインしてボックス形を演出するのもアリですよ。

\腕もカバーできちゃう長め袖/

腕もカバーできちゃう長め袖
写真/竹内一将(LaLa Begin 2020 6・7)※モデル着用アイテムはすべて参考商品

ボックスシルエットは、もはやボーイな女の夏の必修科目といえそう。

SUMMER FAVS ボーイな女の夏の制服心得

ボーイな女の夏の制服心得

半袖で過ごす時期が年々長くなっている気がするけど、“夏本番”を感じる時期って意外に短い。それならいっそ、好きな服や小物だけで夏の装いを制服化してみたらいいのかも。毎日“マイ一張羅”って、なんだかワクワクするもんです。

連載目次へ

※表示価格は税抜き
[LaLa Begin2020年8-9月号の記事を再構成]写真/上原朋也 文/丸山亜紀 押条良太(押条事務所) 小林万桜 沖田智子 スタイリング/長坂磨莉 新田アキ ヘアメイク/村上 綾 モデル/コリュ ※掲載内容は発行時点の情報です。

Share

Pick up

よく読まれている記事

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ