2019 Dec 12 Thu

代表的な型番を知って選んでみよう ニューバランス【ブランド研究】

Lala Begin ONLINE

違いのわかる女になるためのブランド研究・・・知っておきたい基本の知識から、マニアックなレア情報まで、あらゆる名ブランドを多角的に掘り下げて徹底研究!

New Balance[ニューバランス]第5回(全5回)

ニューバランスの「数学」:代表的な型番を知って選んでみよう

ニューバランスのモデル名は番号で示されます。欲しいモデルは型番で指名買いできるように、覚えておきましょう!

 

500シリーズ

オフロード対応からストリートに拡大!

ML574

ニューバランス ML574

下の「576」のタウンユース用に作られ、手の届きやすいリーズナブルなプライスで人気を博しています。カラーや素材などバリエーションの豊富さも魅力のひとつ。ショップやブランドとのコラボレーション作も多く、新定番として認知されています。9900円
[SIZE] 22.0~25.0cm

 

M576

ニューバランス M5761988年の登場から30年経った今でも大人気の名モデル。凹凸のあるアウトソールをもち、高いグリップ力があります。ボリューミーなつま先部分の形状や独特なカラーリングでス
トリートでも大ヒット! こちらはメイド・イン・イングランド。2万6000円
[SIZE] 25.0~29.0、30.0cm

 

900シリーズ

ファッション性と機能を兼ね備えるバランサー

W990v4


1982年にリリースされ、100ドル(当時1ドル=280円)という、当時のスニーカーとしては驚愕の価格が大きな話題になった99Xシリーズの12代目がこちら。現在まで「994」
という品番はいまだ使われず、「990」の名を4度使用することに。2万5000円
[SIZE] 22.0~25.5cm

 

M996

ニューバランス M996
1989年にオンロードのランニングシューズとして登場した名作。エンキャップとCキャップを組み合わせ、ハイレベルな安定性とクッション性を実現させています。ニューバランスを代表するロングセラーモデルとして今でも根強い人気があります。2万7000円
[SIZE] 24.0~29.0、30.0cm

 

1000シリーズ

先進の技術を投入するフラッグシップモデル

M1400

ニューバランス M1400
サンプル生産は可能だったものの、当時の技術では量産できずに断念した「M1400」。しかし、日本からの強い要望で「M1500」の後にリリースされた歴史を持つ1足です。前ページに登場した「M1300」を継承する大きめのNマークがポイント。2万7000円
[SIZE] 23.0~29.0、30.0cm

 

M1700

ニューバランス M1700
1999年にリリースされた1000番台最後のモデルを、アメリカ製で復刻。アウトソールに「Nデュランス」で耐久性を、ミッドソールに「アブゾーブ」を全面に敷くことで、抜群のクッション性を実現。高価格に見合うだけの機能性を有しています。3万4000円
[SIZE] 25.0~29.0、30.0cm

 

ニューバランスに関するお問い合わせ先/ニューバランスジャパン お客様相談室 フリーダイアル0120-85-0997 

[LaLa Begin2018年10-11月号の記事を再構成]写真/久保田彩子 構成・文/名知正登 イラスト/山下もえ子

Share

関連特集・連載

Daily Horoscope

運勢ランキングへ

  1. 1
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ