2022 Aug 19 Fri

自分じゃわからない「パンツスタイルの後ろ姿」を徹底研究!

ラクなんだけどサマになるパンツたち 第16回 「おしゃれは我慢」。いやいや、そんなの到底無理! 見た目のよさと快適さ、どちらも捨てがたい。アクティブに動きたいし、おいしいものも食べたいし、なによりかっこよく。そんなよくばりをかなえる名作デイリーパンツを集めました。連載一覧はこちら

パンツの後ろ姿を研究してみました

【話すのはこの3人】

スタイリスト 長坂磨莉さん
メンズのパンツも何本か着用。ただ、ヒップ周りがフィットしない!とパンツ道の奥深さを実感。

ライター 渡辺 愛さん
パンツもスカートも愛用する両刀派。この世に生まれて苦節ン十年、デニムの後ろ姿を見て、己の脚の短さに消沈。

編集 スズキ
365日中350日はパンツ。年々横に成長する身体と格闘中。育ってしまった太ももをカバーする1本がほしい。

01.ハイライズは後ろからがかっこいい!

ハイライズは後ろからがかっこいい!
背中にフィットすると抜かりない印象に。かがんだり、腕をあげたり、どんな姿勢でも、ウエスト位置がズレないか確認すべし。>>紹介記事を見る
セットのパンツ1万4000円(ブルーウォール) レリルのシャツ1万8000円(アンシェヌマン) サンダースのシューズ5万2000円(グラストンベリーショールーム)

スズキ: 後ろ姿にこそ、おしゃれ魂が垣間見える、というのがララビギンの持論でして。パンツでもここはひとつ、考えてみようかと。

長坂: 仕事柄、モデルさんの靴の紐を結ぶときなど、かがむことが多いんですが、そのときに背中やお尻が見えていないか気になります。

スズキ: あ、その状況に最近遭遇したばっかり。股上の浅いデニムをはいたお兄さんが、腰を曲げる度に桃の割れ目がチラチラ見えてて(笑)。

渡辺: あちゃー! 自分じゃ気づかないけど、後ろ姿は人から見られ放題ですもんね。

長坂: だから、買うときは試着室で屈伸して、パンツが落ちてこないか、背中の浮き具合を確認するようにしています。01のパンツのように、ハイライズなら、特に背中のフィット感が重要かなと。

02.後ろモモのシワ、ダメ、絶対!

後ろモモのシワ、ダメ、絶対!
悲しいかな、ピタピタ感が一番目立つ部分。ダイコン脚に見られないよう、太ももまわりの余裕は死守し、ボトムラインを調整せよ。>>詳細記事を見る
アールエヌエーエヌのパンツ1万3000円(タカヤ商事RNA事業部) シオタのスウェット2万7000円(シオタ) セットのシャツ1万6000円(ブルーウォール)キャットワースのバレエシューズ1万6000円(グラストンベリーショールーム)

スズキ: 私は、後ろももの部分がピチピチ&横にシワが入っていないかが気になって。02はヒップの下がフラットで、かっこよかった。ここにゆとりがないと、脚の形がチャーシューのよう(泣)。

渡辺: チャーシューはラーメンだけで十分(笑)。パンツをはくと脚の短さが目立ってお尻から下が短く見える! 白米を食べるときより、私って日本人なのねと痛感。

スズキ: ドンマイ(笑)。それなら、ストレートより、メリハリのあるテーパードシルエットの方が、全方位的に脚がキレイに見える気が!

 

Share

Pick up

よく読まれている記事

  1. 1
2
LaLa Begin ONLINE FROM THIS ISSUE 検索アイコン クローズアイコン facebook facebook WEAR_ロゴ